なぜ人気? 「食べる音」のASMR動画と、サクサクで人気の「甲子園ヒーロー揚げ」がコラボ!


いま日本や韓国を中心に話題を集めている「ASMR」をご存じでしょうか?

「JC・JK流行語大賞」コトバ部門で2019年上半期1位になり、日経トレンディ「2020年ヒット予測100」では8位となり、いまフツフツと流行している言葉です。
 
  • ASMRとは?

ASMR(英: Autonomous Sensory Meridian Response)とは、声や音を聞くことにより、心地よくなり脳がゾワゾワするような反応のことを言います。

ASMR動画の中でも「咀嚼音(そしゃくおん)」の動画は人気があり、次から次へと食べていく様子が気持ちいい!と関心が集まっています。

そんな咀嚼音YouTuberの中でも人気の 『なたぽん』 が、最高のカリカリ音動画を公開しました。

 


動画で使用されている唐揚げは、『甲子園ヒーロー揚げ』 という、鶏の手羽中を揚げた唐揚げです。

手羽中は骨の周りのお肉なのでうま味タップリ!食感プリプリっ!骨ばなれも良く食べやすい!

骨を露出させた独特の形状なので、「骨つきなのに食べやすい」とお子様のおやつやおかず、お父さん、お母さんのお酒のおつまみに大人気です。

 


動画の中では、たくさんのヒーロー揚げをペロリと食べていてびっくり!
なたぽんさんの動画は咀嚼音が綺麗で、手で食べていても不思議と上品で、見ていて気持ちいいです。

日本中に自粛ムードが広がっていますが、家でこういった動画を見ながら少しでも楽しく過ごすことができればいいですね。


甲子園ヒーロー揚げは、通販で販売されているようです。
https://www.japanfoodservice.co.jp/item/koshien-heroage/


動画はコチラから


 

  • 甲子園ヒーロー揚げの誕生物語
「甲子園ヒーロー揚げ」の名前の由来についてですが、いつの頃からか全国的に鶏の手羽中の二つ割りを「ヒーロー」と呼ぶようになったようです。
あまり知られていない呼び名ですが、日本全国の売場で「ヒーロー」は販売されています。

ヒーローを使った唐揚は古くから愛されてきたのですが、これを兵庫県西宮発のご当地唐揚げとして、「甲子園ヒーロー揚げ」と命名し、全国に広めようと、地元の外食店の皆さん(西宮・甲子園ヒーロー揚げ推進委員会)がイベント出店等、様々な活動を行ってきました。

1.  食べやすい手羽二つ割り、2.サクサク衣、3.香るにんにくしょうゆ

という3つの特徴があり、味付けは薄味なので自分で味を簡単にアレンジできることも魅力のひとつです。

甲子園ヒーロー揚げは食べやすいように、骨を露出させなければいけませんが、これは機械化できない工程で、手作業で行うしかありません。

日本中へ甲子園ヒーロー揚げの美味しさをお届けしたいと考えていましたが、製造が追い付いておりませんでした。

そこで、地元西宮の食品メーカーである (株)ジャパンフードサービスの多くの協力工場の中から、手伝ってくれるパートナーを探すことになり、ようやく見つかったのはタイの大手企業でした。

西宮・甲子園ヒーロー揚げ推進委員会代表のじゅげむ山﨑哲氏の元で徹底的な技術指導を行い、ようやく「冷凍 甲子園ヒーロー揚げ」が完成しました。

甲子園ヒーロー揚げの詳細はこちらをご覧ください。
https://www.japanfoodservice.co.jp/column/922/
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社ジャパン・フード・サービス >
  3. なぜ人気? 「食べる音」のASMR動画と、サクサクで人気の「甲子園ヒーロー揚げ」がコラボ!