ドリームラボが創業10年目を節目に企業ロゴをリニューアル。個々が生み出す可能性を表現し、変化するブランドロゴへ。

飲食業界専門の人材サービスを展開する株式会社ドリームラボ(本社:大阪市北区、代表取締役社長:児玉直人)は、創業10年目を迎えた本年を節目に企業ロゴをリニューアルいたしました。
弊社は2011年に飲食専門の人材紹介業として創業し、本年で10年目を迎えました。その間で働き方改革が進み、人材市場とクライアントである飲食店、求職者、そして我々自身も創業当時から大きく変化しています。10年目を節目に弊社の存在意義と会社の在り方を見直し、時代に合った形に再構築することが必要な時期になっていると考え、企業ロゴおよびサイトのリニューアルを実施いたしました。
 
  • 企業ロゴのリニューアルについて

新ロゴ(特定のカラーを持たないベース)新ロゴ(特定のカラーを持たないベース)

新しいロゴは「ダイナミック・アイデンティティ」の考えを取り入れ、弊社が大切にしたい3つの夢(求職者・企業・ドリームラボ)を表した無彩色のロゴをベースに、メンバー一人ひとりが好きな色(想い/多様性)を彩れるようになっています。

▼ダイナミック・アイデンティティとは
有機体のように変化に適応し、姿を変えるダイナミック(動的)な表現手法。スタイルやテイスト、枠組みやイメージを固定化させず、常にめまぐるしく変わる新しい時代に適応することを表現した「生きる」デザインです。

3つの異なる形の丸は求職者・企業・ドリームラボの「夢」。それらの色(想い)が重なり交わることで生み出される、新しい色。様々な考えや人を受け入れることができる無限の可能性を、自らの意志で作り出すことを表現しています。

社員の個人ロゴ(イメージ)社員の個人ロゴ(イメージ)

企業の役割は、トップの一方向的なメッセージではなく、消費者やそこで働く従業員との歩み寄りが求められています。ドリームラボはこうした変化を受け止め、取り入れ、反映できる社内体制作りに尽力してきました。

弊社は多様性を認め、一人ひとりの「自分らしさ」を大切にしています。またメンバー全員に対し平等に発言権や裁量が与えられ、自由と責任を伴いながら個々の能力を高めています。一見するとバラバラの考えを持った集合体であるかのように思えますが、ドリームラボに集うメンバーには共通の理念があり、「仕事に関わる全ての人たちの夢の実現」を原動力に行動しています。メンバーは個性を受け入れ交じり合うことで新しい価値観を作り、人材ビジネスを通じて飲食業界で働く方々の夢の実現をサポートします。
 
  • サイトのリニューアルについて
ロゴの刷新と同時にコーポレートサイトもリニューアルいたしました。ドリームラボのミッション、ビジョン、バリューと世界観について、直感的で分かりやすいサイトに生まれ変わりました。
https://dream-lab.work/
 
  • 運営会社概要
会社名 :株式会社ドリームラボ
所在地 :〒530-0011 大阪府大阪市北区大深町3-1 グランフロント大阪北館8階K840号室
設立  :2011年1月18日
代表者 :代表取締役社長 児玉 直人
事業内容:
飲食業界特化の有料職業紹介事業(紹介27-ユ-301349)
採用コンサルティング事業
人材育成及び能力開発コンサルティング事業
求人情報サイトの運営事業
飲食店のプロデュース・運営委託事業
運営サイト:
飲食専門の求人サイト「食バンク」https://shoku-bank.jp/
製菓・製パン専門の求人サイト「パティシエント」​https://www.patissient.com/
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社ドリームラボ >
  3. ドリームラボが創業10年目を節目に企業ロゴをリニューアル。個々が生み出す可能性を表現し、変化するブランドロゴへ。