自走型ロープウェイ「Zippar」実現へ向けスポンサー決定のお知らせ

自走型ロープウェイ「Zippar」一人乗りモデル実験開始にあたり、有限会社パシフィックネットワークがスポンサーになりましたのでお知らせします。
Zip Infrastructure株式会社(https://zip-infra.co.jp/)では、全世界で100兆円/年超の経済損失を生む「渋滞問題」の解決に取り組むべく、新しい交通システムである、自走型ロープウェイ「Zippar」の開発に取り組んでいます。 「Zippar」は「安心、安価、即応」をコンセプトとして、従来モノレールの半分の輸送量が確保できるシステムを、1/10の費用、1/10の期間で建設可能な新たな交通機関です。現在、2021年の4人乗りモデルの実験へ向け、準備を進めています。

 

 

 

既に一部実験は施設をお借りして行っています既に一部実験は施設をお借りして行っています


我々は、「Zippar」のテストにあたって、ロープ設置などが必要になるため、この度、スポンサーとして有限会社パシフィックネットワーク(http://www.pacific-n.com/)にご協力いただくこととなりました。有限会社パシフィックネットワークはジップラインの施工、ジップライン施設の運営などを手掛けています。

今後、有限会社パシフィックネットワーク協力の元、4人乗りモデルに向けてさらなる実験を行っていきます。

 

 

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. Zip Infrastrucuture株式会社 >
  3. 自走型ロープウェイ「Zippar」実現へ向けスポンサー決定のお知らせ