地域に関心を持つビジネスマンが集まる「栃木ゆかりのみオンライン」日光市・下野市・真岡市の開催が決定!

地域産業の未来をつくる人材を、地域につなぐ

「かえれる地元をつくる」を掲げ、若者を中心とした関係人口創出事業を栃木県で展開する株式会社kaettara(所在地:東京都文京区、代表取締役CEO永井彩華、以下kaettara)は、栃木県内全25市町の有志の自治体職員とともに、出身者を対象としたオンラインイベント「栃木ゆかりのみオンライン」を企画。第6~8回目の詳細を公開しました。

■栃木ゆかりのみオンラインとは
昨今の新型コロナウィルスの影響による仕事や生活スタイルの変化を受けて、首都圏在住者の地方への関心は高まっているというデータが多数出ています。

そんな今だからこそ、出身者たちへリアルな地元の情報を届け、地元の人たちとの接点をもつ場をつくるため、私たちは栃木県の全25市町を1つずつ焦点を当ててオンラインで地域とつなぐ「栃木ゆかりのみオンライン」の企画をしています。

■全国・世界からビジネスマンが参加

それぞれの地域の有志の自治体職員と共同で企画し、すでに5回開催しました。

  1. 足利市(5月16日開催)
  2. 小山市(5月20日開催)
  3. 宇都宮市(5月23日開催)
  4. 那珂川町(5月30日開催)
  5. 野木町(6月1日開催)
自治体職員から多角的な地域の情報を得ることができる、という口コミで栃木県外に住む栃木県出身のビジネスマンたちが多く参加されています。居住地は、愛知県・石川県・宮崎県など日本各地から、また海外ではロサンゼルスから参加される方もいらっしゃいました。

各回、地域産業やまちづくりに関する話題を中心に展開しています。検索しても出てこないリアルな一次情報です。「地元に貢献するきっかけを探している」という方々が多数参加しているので、会の最後には参加者たちも当事者としてその地域のことを考え「これがやりたい!」というアイディアが飛び交っています。

■ビジネスマンたちの「かえれる地元」づくりをDX化とともに推進
「かえれる地元をつくる」をビジョンに据えるkaettaraでは、地域産業を活性化させるための事業を行っています。自らの経験やスキルを活かせる仕事に就けないことで、多くの地方出身者は地元に帰ること諦めています。

地域の未来にとっても、地元に想いを持った人材が地域産業に関わり挑戦ができる仕事が必要です。栃木ゆかりのみオンラインをきっかけに、県外のビジネスマンたちが地域の現状を知り、栃木県の行政や事業者がデジタルトランスフォーメーションに向けた解決策を持つ個人や企業に出会う場を創出します。

■栃木ゆかりのみオンライン今後のスケジュール
■栃木ゆかりのみとは


2015年2月から首都圏在住の栃木県出身者を集めたイベント「栃木ゆかりのみ」。これまで都内を中心に23回開催し、延べ700人の栃木県出身者にご参加いただきました。 「いつか地元に帰りたい」「地元に帰るか検討するための情報が欲しい」という出身者たちと地元に関する情報を共有したり、参加者同士で地元トークをしたりする交流の場です。


■株式会社kaettaraとは
株式会社kaettara(カエッタラ)は、若者を中心とした関係人口創出事業を栃木県で展開。「かえれる地元をつくる」をビジョンに据え、栃木県内の自治体と共に関係人口創出や移住プロモーションイベントの企画、地元企業の情報発信を行っています。

■会社概要
株式会社kaettara
設立:2017年11月30日
代表取締役:永井 彩華
本社所在地:東京都文京区関口1-21-10 文京石黒ビル1階
URL:http://kaettara.co.jp/
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社kaettara >
  3. 地域に関心を持つビジネスマンが集まる「栃木ゆかりのみオンライン」日光市・下野市・真岡市の開催が決定!