ブロックチェーンを用いた前払式支払手段「MDR」を発行します

サーバレスで管理可能な画期的な前払式支払手段

みどり合同会社(本社:東京都新宿区、代表:小宮自由、以下「みどり」)は、この度、ブロックチェーンを用いた前払式支払手段である「MDR」を発行することを決定しました。数ヶ月を目処に開発・公開予定です。
MDRの特徴
MDRは、イーサリアムというブロックチェーンのERC20トークンという技術を利用して作成されています。1ポイントあたり1円で購入することができる、いわゆる前払式支払手段(有償ポイント)です。前払式支払手段でありながら、ブロックチェーンでもあるので、購入したMDRはポイントとしてみどりのサービスで使うだけでなく、様々なブロックチェーンアプリで活用することもできます。ICHIBA( https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000014.000054018.html ) という同様の技術を用いたプロジェクトがあり、MDRはこれを先例として参考にした上で開発される予定です。

MDRの用途
MDRはみどりの全てのサービスで利用可能にする予定です。MDRは発行体であるみどりのサービスのみで利用可能な、いわゆる自家型前払式支払手段です。全てのサービスで1ポイント1円として利用可能です。前述の通り、MDRはブロックチェーン(ERC20トークン)でもあるので、Uniswap 等ERC20トークンが使えるブロックチェーンアプリケーションで利用することも可能です。

MDRの購入方法
リリースと同時に販売サイトをオープンします。クレジットカードを用いた購入が可能です。銀行口座振込による大量購入や、暗号資産を用いた購入の場合、割引して販売するのでお得です。

代表取締役 小宮自由 のコメント
ブロックチェーン技術が世に出てから10年以上経過しました。その間、金融領域におけるブロックチェーンの利用は多数の事例が出てきましたが、物の売買においてはその事例はごく少数にとどまります。このような未踏の領域を切り開いていくことこそが、スタートアップの存在意義です。MDRの利用を拡大し、実績をつけ「物の売買に使えるブロックチェーン」を一般に知らしめられるよう努めていきたいと思います。

お問い合わせ先
info@mdr.green

運営会社について
名称:みどり合同会社
所在地:東京都
設立:2019年9月2日
資本金:1万円
代表:小宮 自由
https://mdr.green
  1. プレスリリース >
  2. みどり >
  3. ブロックチェーンを用いた前払式支払手段「MDR」を発行します