企業向け標的型脅威インテリジェンスプラットフォームRadark(レイダーク)を新価格体系にて提供開始 【 KELA(ケラ)】

脅威インテリジェンス企業として数々の受賞歴を誇るKELA(東京都千代田区/日本CEO Doron Levit)は日本市場に対し、標的型脅威インテリジェンスプラットフォームRadark(レイダーク)を2020年7月10日(金)より新価格にて提供開始いたしました。
【 Radark新価格での提供開始の背景 】
Covid-19の世界的なパンデミック危機により仕事環境に急激な変化が起こり、リモートワークにて仕事をする企業が急増しており、この変化に乗じてEメールによるスパム攻撃やフィッシング攻撃を目的とした役員なりすまし攻撃、加えてクラウド環境利用増加に伴う外部からの接続によるネットワークエクスプロイトの脅威が拡大しています。
この度のパンデミックによりサイバー攻撃が増加している状況を鑑み、KELAの子会社であるKELA株式会社(東京都千代田区/日本CEO Doron Revit)は、標的型脅威インテリジェンスプラットフォームRadarkの価格体系を見直し、日本国内企業への提供を開始しました。

日本CEO Doron Levit(ドロン レビット)は以下のように述べています。
「KELAは新型コロナウィルスの影響により、サイバー攻撃のリスクが高まっていることを把握しています。より多くの日本企業がKELAの脅威インテリジェンスとマネージドアナリストサービスを使用していただけるように新しい価格設定スキームを導入しました。KELA最高レベルの脅威インテリジェンスにて、サイバー攻撃を未然に防ぐお手伝いができることを願っております。」


【 ご提供プラン 】
お客様の利用する機能により、ご提供形態をSilver(シルバー)、Gold(ゴールド)、Platinum(プラチナ)の3プランにてご提供いたします。提供プランの概要は以下表を参照ください。

Radark新価格体系

 

Radarkの機能および価格詳細などに関するお問合せはコチラ
https://ke-la.com/ja/


【 KELAについて 】
脅威インテリジェンスを提供するダークネットの専門家として数々の受賞歴を誇るKELAは、拡大し続けるダークネットの脅威に対し、完全にアクショナブルなインテリジェンス(意思決定や判断にすぐに活用可能な情報)をお客様にご提供することをミッションに掲げております。
当社の成功は、独自の諜報技術を採用した自動情報収集ツール「RADARK(レイダーク)」や「DARKBEAST(ダークビースト)」と、サイバーインテリジェンスセンターの有能な脅威インテリジェンス専門家が提供するマネージドサービスの類まれなる融合をその礎とし、セキュリティを担当される皆様にとって最高の自動化ソリューションとマネージドサービスをご提供しております。

KELAのソリューションに関するお問合せやデモのご要望はコチラ
担当:営業本部 浅原伸治(アサハラシンジ)
TEL:03-6634-7836
Mail:Japan@ke-la.com


【 会社概要 】
社名:KELA(ケラ)株式会社
代表:日本CEO Doron Levit(ドロン レビット)
所在:東京都千代田区丸の内1-6-2 新丸の内センタービルディング20F
TEL:03-6634-7836
FAX:03-6634-6500
URL:https://ke-la.com/ja/
Mail:Japan@ke-la.com
  1. プレスリリース >
  2. KELA株式会社 >
  3. 企業向け標的型脅威インテリジェンスプラットフォームRadark(レイダーク)を新価格体系にて提供開始 【 KELA(ケラ)】