東京の小さな印刷会社が考えるSDG's(持続可能な開発目標)vol.1

ストーンシートxデザインで新習慣をつくる「抗菌!たためMASKケース」

印刷サービス業を展開する有限会社エイチ・ティープログレス(本社:東京都江戸川区 代表取締役:染野ひろ美)は、地球環境に配慮した石灰石が主原料のストーンシートによる「抗菌!たためMASKケース」を製品化し、幅広い業種の企業を対象に販売を開始した。
さな会社でもSDGsに貢献できないか考えたのがきっかけ
2020年を迎え「環境に配慮した印刷で自然と共存していく」という企業理念を掲げ、お客様の夢や要望を創造できる印刷会社へ変わることを改めて決意した。コロナ禍の中、技術を保有している取引先と連携し、試行錯誤を重ねながら、ストーンシートを活用した印刷物の製品開発を進めている。そんな中、SDG’sの存在を知り、17ある目標という切り口から製品開発にトライしてみようと考えたのがきっかけとなった。
 

ストーンシートを使えば、Yシャツや上着のポケットにも入る手軽な抗菌のマスクケースでSDGsに貢献できるのではないか

マスクが入った状態で折りたたむことができるマスクが入った状態で折りたたむことができる

街を歩いても、マスクをしている人は多いが、マスクケースを持っている人はまだ少ないように感じた。食事の際、お店に入ってマスクを外しテーブルに置く人を見かけるが、マナーの面からも良くない。マスクを直接ポケットに入れる人も多いが、これも不衛生になる。そこで、折り畳みができてYシャツや上着のポケットにも入る手軽な抗菌マスクケースがあれば、これらの問題を解決でき、SDG’sにおいても貢献できるのではないかと思い始めた。

 



抗菌!たためMASKケースにデザイン多様性を付加

マスクケースは顧客が希望するデザインで製品化することもできるため、お客様へノベルティとしてお渡しする、もしくは、社会貢献としてメッセージを込めて地域の団体へ寄付するなど、企業ごとで様々な活用方法が考えられる。カスタマイズできる点が特徴的であり、新しい様式の広報ツールとして利用できそうだ。


 

【会社概要】
●有限会社エイチ・ティープログレス

●本社:〒134-0087東京都江戸川区清新町2-9-6 ●設立:1981年 ●資本金:800万円 ●代表取締役:染野ひろ美 ●事業内容:印刷サービス業 ●主要取引先:東京・中央区役所(危機管理課、環境政策課ほか)
1981年に設立。技術の進歩に合わせ、DTP設備やバリアブル印刷機を導入。2018年には、設備を持たないファブレス化を行い、印刷サービス業へ事業転換。石灰石を使ったストーンシートを使い、環境にやさしく、やぶれにくい特性を利用し、顧客の要望を取り入れながら、時代にあった印刷物を世に送り出している。
【お問合せ先】
営業部:TEL:03-3675-8636 
メール:info@ht-progress.jp
URL:https://www.ht-progress.jp/(ホームページのアドレスが変わりました)

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. HTプログレス >
  3. 東京の小さな印刷会社が考えるSDG's(持続可能な開発目標)vol.1