「えんかくさん」による遠隔接客がダイソン ヘアケア製品の全国主要量販店で開始

スタイリストが画面越しに遠隔接客

新たな商品体験・購入の場を提供する株式会社ベストプロジェクト(代表取締役社長:上野山沢也、東京都中央区、以下「ベストプロジェクト」)が、アフターコロナにも対応するべく自社開発した遠隔接客システム、クラモニテレショッパー「えんかくさん」(以下、「えんかくさん」)が、2020年11月より順次、ダイソン ヘアケア製品の全国主要家電量販店で導入されます。

 

遠隔接客イメージ遠隔接客イメージ


スタイリストが画面越しにご案内、新スタイルでの接客を拡大

2020年7月より、ダイソンのコードレスクリーナーの「えんかくさん」による遠隔接客サービスがビックカメラ数店舗で開始されていましたが、この度、ヘアケア製品(「Dyson Supersonic Ionicヘアドライヤー」と「Dyson Airwrap™スタイラー」)においても導入されることになりました。対面接客と同じように、ヘアケアの専門家であるダイソンのヘアスタイリストがお客様に製品の使い方をご提案いたします。









■「えんかくさんとは
複数ヶ所を同時監視しながら、各拠点と遠隔接客(通話)ができ、スタジオや自宅からリモートワークで接客業務を可能にするベストプロジェクトの自社開発サービスです。「えんかくさん」を導入すると、テレショッパー(接客スタッフ)は自宅やスタジオに居ながらにして、店舗にいるお客様に対し遠隔で接客業務を行うことができます。
「えんかくさん」を利用した遠隔接客サービスには主に3つの特徴があります。


1.オンラインの様々な「不」を解決する、完全自社開発システム
通常の遠隔接客では、来店されたお客様の物理的なボタン操作などを起点にテレショッパーとの会話がスタートしますが、お客様が呼び出しを躊躇したり、積極的な活用をためらうケースがありました。「えんかくさん」は通話前から複数店舗のモニタリングが可能な独自UIであるため、通話開始前より来店状況の把握ができ、テレショッパー側からの声がけによって、自然にお客様との会話をスタートすることができます。システムは完全自社開発のため、独自のUI開発が可能です。今後もお客様から要望のある機能をスピーディーに実装していきます。

2.リアル接客よりスムーズなご説明が可能
お互いの顔を見ながらの会話はもちろんですが、画面越しならではの環境を活かし、拠点側のモニターに画像・映像コンテンツをワンタッチで投影が可能で、更にペンツールによる書き込みも可能など、スムーズな接客を実現する機能が搭載されています。

3.複数拠点を少数スタッフで運用できるから、人件費の削減にも
今までは「リアル販売員が立たないと成立しなかった」店頭の運用において、「えんかくさん」を活用頂く事で、1名の人件費のみで多拠点の対応が可能になります。また接客業務のみでなく、受付業務やリアルスタッフのアシストなど、多様な活用方法を検討頂けます。


ベストプロジェクトには店頭販促、販売イベントの経験豊富なエキスパートが多数在籍するため、人員教育やセールストーク、配信コンテンツ制作についても提案ができる強みがあります。
こうした強みを活かした、「えんかくさん」を利用した遠隔接客サービスは、家電量販店をはじめ、百貨店、専門店、ドラッグストアなど、対話による接客が必要な店舗での利用に適しており、7月のリリース以降、多数の企業からお問い合わせ頂き、続々と導入を進めております。


「えんかくさん」 オフィシャルページ:https://www.bestproject.com/products/solution/clomoni/tele_shopper/
株式会社ベストプロジェクト https://www.bestproject.com
ダイソン株式会社 https://www.dyson.co.jp/

 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社ビーツ >
  3. 「えんかくさん」による遠隔接客がダイソン ヘアケア製品の全国主要量販店で開始