「VISION-S(ビジョン エス)Prototype」が国際的なデザイン賞「レッドドット・デザイン賞」の最高賞を受賞

他1件がブランド&コミュニケーションデザイン部門で受賞

ソニー株式会社は、2020年のレッドドット・デザイン賞デザインコンセプト部門(Red Dot Award:Design Concept 2020)において、モビリティの進化への貢献を目的として、安心・安全、快適さ、その先にあるエンタテインメントなども追求する取り組み「VISION-S」のPrototypeが、最高賞である「ベスト・オブ・ザ・ベスト(Red Dot:Best of the Best)」を受賞したことをお知らせいたします。また、2019年のミラノデザインウィークに出展した“Affinity in Autonomy <共生するロボティクス>”がブランド&コミュニケーションデザイン部門(Red Dot Award: Brands & Communication Design 2020)で受賞しました。
■レッドドット・デザイン賞 デザインコンセプト部門「ベスト・オブ・ザ・ベスト」受賞
「VISION-S Prototype」
https://www.sony.co.jp/SonyInfo/vision-s/
https://www.sony.co.jp/SonyInfo/design/stories/vision-s01/?s_tc=sd_fd037vs01_prtm

 



■レッドドット・デザイン賞 ブランド&コミュニケーションデザイン部門受賞
“Affinity in Autonomy”
https://www.sony.co.jp/SonyInfo/design/news/event/Affinity_in_Autonomy/

 



※レッドドット・デザイン賞は、ドイツのノルトライン・ヴェストファーレン・デザインセンター(Design Zentrum Nordrhein Westfalen)が主催する国際的なデザイン賞です。プロダクトデザイン、デザインコンセプト、ブランド&コミュニケーションデザインの3つの部門に分かれており、それぞれ年に一度世界的なデザインの専門家により審査されます。デザインコンセプト部門は、未発売で開発段階にあるコンセプト、アイデア、ビジョンを中心としたデザインイノベーションやデザインコンセプトを対象としており、革新性、審美性、実現の可能性、機能性、などの基準で審査されます。2020年の応募総数は52か国から4170件で、最高賞にあたる「ベスト・オブ・ザ・ベスト」はその内の約1%のみが受賞しました。 
 

また、IDEA(International Design Excellence Awards)2020においても、「VISION-S Prototype」がSilverを受賞しました。 

※IDEAはアメリカ・インダストリアル・デザイナー協会(Industrial Designers Society of America)が主催する、今年で40周年を迎える国際的なデザイン賞です。審美性はもちろんのこと、ユーザーや社会、ビジネスに与える価値などが総合して評価されます。
 

詳細はデザイン賞受賞実績の一覧ページをご参照ください。
https://www.sony.co.jp/SonyInfo/design/news/awards/rd_design_2020.html?s_tc=sd_aw020rd01_prtm
https://www.sony.co.jp/SonyInfo/design/news/awards/idea_2020.html?s_tc=sd_aw020id01_prtm

 
記載されている会社名および商品名は、各社の商標または登録商標です。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. ソニー株式会社 >
  3. 「VISION-S(ビジョン エス)Prototype」が国際的なデザイン賞「レッドドット・デザイン賞」の最高賞を受賞