AI文字起こしサービス Rimo Voice が動画のアップロードに対応

動画と文字起こしデータが紐づくことで研修などのコンテンツ共有を強化

Rimo合同会社は、日本語に特化したAI文字起こしサービス「Rimo Voice」の動画アップロードに対応いたしました。動画をアップロードした場合は30秒/30円(税別)で文字起こしが可能です。アップロードした動画の文字起こしデータは、字幕として表示することができ、文字起こしデータと動画が紐づくことで、資料がメインで表示される研修や勉強会、全社会などのコンテンツが共有しやすくなります。あわせて、文字起こしデータの編集機能を強化し、各文章に改行および話者を手動で追加できるようになりました。


動画アップロード機能と編集機能の強化について

新型コロナウイルスの影響もあり、企業は現在、リモートワークなどの新しい働き方に取り組むことが求められています。Rimoは、「はたらくを未来に」を理念に、リモートワークや副業など、新しい働き方を積極的に取り入れている会社が成長しやすい仕組みをつくるためのサービスを開発しています。今年9月1日にリリースした日本語に特化したAI文字起こしサービス「Rimo Voice」は、インタビューなどの会話の文字起こしだけではなく、会議などの議事録として使用されることを想定して開発しており、サービスリリースから2ヶ月あまりで5,000ユーザーを突破しています。

 

今回、Rimo Voiceで動画のアップロードに対応し、会議などの議事録だけではなく資料がメインで表示され、情報や知識のインプットが主な目的として実施される研修や勉強会、全社会などのコンテンツが共有しやすくなります。

 動画アップロード機能の詳細
  • 動画のアップロードに対応したことで、200MB以上の容量が大きいデータもアップできるようになりました。
  • 動画と文字起こしデータは紐づいており、字幕として表示することができます。
  • アップした動画データは、Netflixなどのサービス同様に動画ストリーミング形式で内部変換され、Web上でスムーズに再生されます。
  • 文字が主体、もしくは動画が主体のViewに切り替えることができます。
  • 再生箇所の前後の文章がハイライトされることで倍速で視聴し、効率的に動画から情報をインプットすることができます。(最速3倍で再生可能)
  • 動画のアップロードから文字起こしをする場合の価格は、30秒/30円(税別)です。
    音声データを文字起こしする場合の価格は、変わらず30秒/20円(税別)です。

あわせて、文字起こしデータの編集機能を強化し、改行および手動で各文章に話者を設定することができます。改行が足せるようになったことで、文字起こしデータを字幕出力する際の切れ目を調整することができ、話者は文字起こしデータ毎に設定することが可能です。


今回、動画のアップロードに対応し、文字起こしデータの編集機能を強化したことで会議などで話された内容だけではなく、研修や勉強会、全社会などのコンテンツもシェアしやすくなりました。リモートワークはメンバーと対面しないことで、通常より不信感や不安感を助長する側面があると言われていますが、リモートワークでもメンバーの仕事の効率やパフォーマンスが上がる仕組みを作れるよう、Rimoとしてサービスを開発・改善することでサポートしたいと考えています。


会社概要

私たちは「はたらくを未来に」を理念に、フルリモートワークや副業での働き方、ティール組織などのあたらしいパラダイムを積極的に取り入れている会社が、成長しやすい仕組みをつくっていきます。Deep Learningによる日本語音声認識など先端技術に積極的に投資し、リモートワークの弊害になり得る会議などのコミュニケーションに関わる領域でサービスを展開しています。

Rimo合同会社
• 設立日: 2019年10月1日
• 資本金: 300万円
• 代表社員: 相川 直視
• 所在地: 東京都渋谷区恵比寿3-46-7-204
• URL: https://rimo.app/about/voice
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. Rimo >
  3. AI文字起こしサービス Rimo Voice が動画のアップロードに対応