国内初のAIデータプラットフォーム「FastLabel」を提供するN.Code、AI・人工知能ベンチャー支援制度「AI.Accelerator」に採択

教師データ不足によるAIプロジェクト失敗をゼロに

国内初のAIデータプラットフォーム「FastLabel」を提供する株式会社N.Code(代表取締役CEO:鈴木健史 以下、N.Code)は、ディップ株式会社(代表取締役社長 兼CEO:冨田 英揮 以下、ディップ)が運営する、日本初のAI・人工知能ベンチャー支援制度「AI.Accelerator」の14期生企業として採択されました。

 

N.Codeは、AIプロジェクトに欠かせない教師データ作成・管理、品質管理、データパイプラインや精度モニタリング機能をワンストップで提供(注1)しており、企業のAI技術の社会実装を加速させます。機械学習などのテクノロジーを活用し、ブラックボックスだったデータ品質を定量化して、高品質な教師データをスピーディーに作成することで、教師データ作成にかかる手間を70%削減します。また、運用後も継続的な教師データのアップデートによりモデル精度の向上を実現しています。
URL:https://fastlabel.ai/

(注1)本サービスはSaaSで提供しており、初期費用0円で導入できます。オンプレミスを希望の方はお問い合わせください。また、教師データ作成の委託もプラットフォーム上で受け付けております。

 


今回、N.Codeは、AI特化のインキュベーションプログラム「AI.Accelerator」の第14期生企業として採択されたことを契機に、同プログラムが持つAI特化メンタリングチームや、AI企業データや営業リソースを活用し、ビジネスモデルの強化を図ることで、当社が保有するデータプラットフォームの展開によってAI技術の社会実装を加速させます。

■ AI.Acceleratorについて
日本初のAI・人工知能ベンチャー支援制度「AI.Accelerator」。採択企業・個人にはメンタリング、データ、事業資金、PR、採用支援を提供。2017年4月より行なった14回の公募で、のべ約700件以上の応募の中から支援制度の合計95社を採択しました。それぞれ支援チームと共に、3ヶ月間のアクセラレーター・プログラムを経て、78社が投資家から資金調達し事業化を推進しています。各種イベントでも入賞を果たし、グローバルなアクセラレーターである「Google for Startups Accelerator」「Zeroth.ai」「Techstars」などの採択企業や、MAによるExitを果たす企業も複数社現れています。
・採択企業の一覧・活動の成果についてはURL( https://ainow.ai/aiax2020-09-11/ )をご参照ください。

■ 株式会社N.Codeについて
代表取締役CEO鈴木健史が、AI技術の社会実装の加速を目的として設立した企業です。機械学習の社会実装が進む中、プロジェクト失敗の約6割はデータ作成プロセスが原因となっており、実運用の大きな壁になっています。高品質な教師データの提供をミッションとして、研究開発を行っています。

社名 :株式会社N.Code
代表取締役CEO :鈴木 健史
事業内容 :AIデータプラットフォーム(SaaS)、および教師データ作成(アノテーション)サービスの提供
本社所在地:〒141-0001 東京都品川区北品川5-5-27 201号
URL :https://fastlabel.ai/

■ 本件に関する問い合わせ先
株式会社N.Code 広報担当
メール:info@n-code.ai
 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. FastLabel株式会社 >
  3. 国内初のAIデータプラットフォーム「FastLabel」を提供するN.Code、AI・人工知能ベンチャー支援制度「AI.Accelerator」に採択