秋⽥県⼤仙市の地域活性化に向けて、アネスト岩⽥の “Made in Daisen”スプレーガンをふるさと納税の返礼品に登録

 アネスト岩⽥株式会社(本社:神奈川県横浜市・代表取締役 社⻑執⾏役員:壷⽥貴弘)は、2021年2⽉より当社の主⼒製品のひとつであるスプレーガンが秋⽥県⼤仙市で、ふるさと納税の返礼品として採⽤されたことをお知らせします。
 当社は1926年に創業し、国産第1号の塗装用スプレーガンを世に送り出しました。その後、1972年より約半世紀にわたって、秋⽥県⼤仙市にある秋⽥⼯場でスプレーガンを⽣産しております。現在、当社のスプレーガンは⽇本国内だけでなく、世界で多くのお客様にご愛⽤いただいており、今回、秋⽥県⼤仙市の地域活性化に向けて、❝Made in Daisen”の⾼い技術⼒や品質を伝えると共に、花火のまち大仙の素晴らしさを世界に向けて発信してまいります。
 

 スプレーガンは⾃動⾞の補修塗装⽤となる当社のʻkiwamiシリーズをベースに「Hanabi Town DAISEN x ANEST IWATA 特別限定モデル」として、⼤曲の花⽕が夜空に花開いた様⼦を本体にデザインいたしました。

 

 

 「⼤曲の花⽕」として知られ、秋⽥県⼤仙市で開催される全国花⽕競技⼤会は、1910年から100年以上の歴史を誇ります。約18,000発の花⽕が打ち上げられ、毎年70万⼈もの⼤観衆を魅了する国内最⾼峰の競技⼤会で、最⾼賞である内閣総理⼤⾂賞をはじめ数々の褒賞が授与される⼤会でもあるため、全国から選び抜かれた⼀流の花⽕師たちが⽇本⼀を⽬指し、精魂込めて製作した作品を打ち上げます。
 また、夏の全国花⽕競技⼤会を核とした季節ごとに異なるテーマで花⽕の魅⼒をご堪能いただけるよう「四季の花⽕」を展開しています。世界の国際⾊豊かな花⽕と⽇本の伝統技術の粋を極めた花⽕が打ち上がる「⼤曲の花⽕-春の章-」、挑戦・斬新をテーマにこだわりある演出による劇場型花⽕ショーの「⼤曲の花⽕-秋の章」、若⼿花⽕作家の技術・新作性などを競い合う「⼤曲の花⽕-冬の章-(新作花⽕コレクション)」により「花⽕のまち⼤曲」から秋⽥の魅⼒と⽇本の花⽕を世界に発信しております。

秋田県大仙市について
 2005年3⽉22⽇に⼤曲仙北地域の1市6町1村が合併をして新たに誕⽣しました。合併した8つの地域ごとの多種様々な⽂化や歴史、お祭り、⾃然などに溢れた⼤仙市は雄物川の⾈運や⽻州街道など交通の要衝として発展し、近年においては秋⽥新幹線や秋⽥⾃動⾞道などの交通網の整備によって、⼀層多彩な交流が期待されています。

スプレーガン 'kiwamiシリーズのコンセプト
 ⾃動⾞の補修塗装⽤のスプレーガンにおいて最も⼤切なことは「進化する塗料にいち早く適応し、塗料の性能を最⼤限に引き出すことで、簡単に綺麗に塗装できること」だと当社は考えております。また、スプレーガンはお客様にとっての「究極の道具」でなければなりません。そして、環境配慮と作業者の安全性や塗装作業の簡易化と品質向上が求められるため、私たちは「極み('kiwami)」のレベルをさらに引き上げ、お客様にとっての「究極の道具」を⽬指してまいります。(製品紹介サイト:https://kiwami.anest-iwata.jp/

 


秋田工場(アネスト岩田株式会社)
所在地 :秋田県大仙市藤木字下野中21番地
設立    :1972年10月
生産品目:塗装機器・液圧機器および関連機器
従業員   :80名
敷地面積:約32,500㎡
建物面積:約7,980㎡

返礼品のスプレーガンはこちらの各サイトより

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. アネスト岩田株式会社 >
  3. 秋⽥県⼤仙市の地域活性化に向けて、アネスト岩⽥の “Made in Daisen”スプレーガンをふるさと納税の返礼品に登録