【テナントビジネスの“ノウハウ”提供】今こそ好況に沸く事業用不動産業へ 未経験からでも不動産仲介業者に

事業用不動産仲介業者を増やし、まちづくりに貢献

全国最大級の「事業用不動産専門ポータルサイト」を運営するテナントショップ(滋賀県草津市)は、これまでの情報提供に加え、2021年7月から「テナントビジネス」の“ノウハウ”の提供を開始します。既存の不動産業者はもちろん、未経験からでも不動産ビジネスに参入できるサポート体制を構築、さらなる事業用不動産業界の活性化、地方創生に貢献します。
【右肩上がりの事業用不動産市場】
近年、居住用不動産仲介業界では、借主に提供するサービスを大手のポータルサイトへ依存、伸びが見込めなくなった居住用不動産仲介業から事業用不動産仲介業へと転身する企業が増えています。また、商業系物件は不景気であるほど活発に動く傾向があり、コロナ禍においてテナント借主はもとより、貸主からの問合せがますます増え、事業用不動産仲介業への需要に供給が追い付いていない状況が続いています。

 

【まちづくりを支える一助に】
事業用不動産業界のニーズを補完するため、テナントショップはこのほど自社が保有する「テナントビジネス」のノウハウを提供、まちづくりのサプライチェーン(供給の連鎖)を下支えし、地方創生にも貢献します。

■まちづくりのサプライチェーン(供給連鎖)の仕組み■

1 独立開業希望者が「物件データベース」で
事業用不動産を探す。

2 独立開業希望者が参画企業に問い合わせをする。

3 参画企業が独立開業希望者に提案をする。

4 参画企業と独立開業希望者の両社間で成約に結び付く。

5 独立開業希望者が開業する。

6 街が賑わう、雇用が増える。

7 新たな独立開業希望者が増える。

8 貸主からの依頼も増え、物件データベースが充実する。

 


【不動産ビジネスにはコツがある】
多種多様の業種・業態におよぶ事業用不動産仲介業は、幅広い知識が必要とされます。営業マニュアル、営業研修のほか、商圏分析サービス、仲介の工程表、15種類の契約形態の違いによる契約書フォームなど、細かな営業ツールも提供。
全国の中堅・大手不動産仲介会社、賃貸管理会社、不動産業の新規開業予定者はもちろんのこと、異業種からの参入および独立開業者を対象に、初年度30会員を目標に「テナントビジネス」のノウハウを提供していく見通し。

【景気変動なし、地方創生にもつながる社会貢献ビジネス】
テナントショップ代表・水野清治は「不況下であるほど動きが活発化する事業用不動産は、景気・不景気の影響を受けず、持続性の高いビジネスモデル。そのため、日本全国の地方都市にこのプログラムをビジネスとして参画する企業が増えれば、参画した企業の新しい事業収益の柱になることに加え、地方創生の一端を担えるビジネスを展開でき、社会的に意義のある事業」と語っています。

【会社概要】
会社名:株式会社テナントショップ
所在地:〒525-0032 滋賀県草津市西大路町2-2
代表取締役:水野 清治
テナントショップネットワーク(全国版) https://www.tenant-shop.jp/

(事業内容)
テナント物件業界が未成熟だった2008年、テナント物件専門の仲介会社として滋賀県を拠点にスタート。以来、テナント物件に特化したデータベースを整備、「事業用不動産専門のポータルサイト」を立ち上げ、ネットワークを全国へ広げてきました。
以来、全国にパートナー企業会員が増加、現在約180店舗(2021年5月末現在)の不動産会社が情報を掲載。掲載テナント物件数はおよそ2万1千物件。月間PVは100万を超え、専門ポータルサイトとしては、日本最大級に成長しています。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社テナントショップ >
  3. 【テナントビジネスの“ノウハウ”提供】今こそ好況に沸く事業用不動産業へ 未経験からでも不動産仲介業者に