小学生44人が考えた 『あったらいいな!こんな水族館』をオンラインで表彰

全国8カ所の水族館が特別賞を授与、実現に向けた検討も始動

株式会社ウィーケン(本社:名古屋市中区、代表:佐々木 亜由子)は、小学生向けオンライン型サービスの特別企画『あったらいいな!こんな水族館』にて、全国から集まった小学生たちが「未来の水族館」をテーマに考えた計44個のアイデアを全国94の水族館に提供※したところ、そのうち8水族館から「水族館特別賞」の申し出をいただきました。そこで、全国の水族館の方々と受賞の子どもたちを一同に介した「オンライン表彰式」を2月10日(水)に開催いたしました。また4水族館ではアイデア実現に向けた検討も始動いたしました。※全国の水族館へメールにてアイデアを送信

表彰状表彰状

  • オンライン表彰式『あったらいいな!こんな水族館』の実施結果
(1)日時:2021年2月10日(水)19:00~19:45(Zoomにて開催)

(2)参加者:小学生25人、水族館関係者4人
(南知多ビーチランド、下田海中水族館、越前松島水族館、いおワールドかごしま水族館)

表彰式の様子表彰式の様子

(3)内容:子どもたちの44作品から8水族館が選考した「水族館特別賞」を発表。副賞として水族館チケットやぬいぐるみ等をプレゼント。また、水族館から作品についてのフィードバックや、作品の実現に向けて参加者で意見交換を実施。 

(4)受賞作品一覧:

 


・越前松島水族館賞(福井) 「つりつりすいぞくかん」 (小学2年生・愛知)

・ヨコハマおもしろ水族館賞(神奈川) 「ドキドキ文字ショー」 (小学4年生・愛知)

・栃木県なかがわ水遊園賞(栃木) 「魚をそだてる水ぞくかん」 (小学4年生・群馬)

・下田海中水族館賞(静岡) 「つかれないしさいごまでぜんぶみれる水族館」 (小学2年生・埼玉)

・下田海中水族館賞(静岡) 「魚とおんなじ!自動はんばいき」 (小学2年生・愛知)

・南知多ビーチランド賞(愛知) 「今日だけわたしのお友達!」 (小学3年生・愛知)

・上越市立水族博物館賞(新潟) 「バルーンアクア」 (小学3年生・神奈川)

・しまね海洋館AQUAS賞(島根) 「しゃてきでエサやり水ぞくかん」 (小学2年生・京都)

・しまね海洋館AQUAS賞(島根) 「さかなまる見えスコープ」 (小学1年生・東京)

・いおワールドかごしま水族館(鹿児島) 「超!危険マリンパーク」 (小学3年生・静岡)
 

※44作品および全国水族館によるコメント一覧はこちら:https://www.weeek-end.com/iina-vote/



(5)アイデアの実現に向けた検討がスタート
今回、参画した水族館のうち、下田海中水族館、しまね海洋館AQUASなど計4水族館がアイデア実現に向けた検討を始動いたしました。アイデアが実現するように、継続して水族館と子どもたちの橋渡しをしてまいります。


(6)受賞作品例:

下田海中水族館賞1下田海中水族館賞1


下田海中水族館賞
「つかれないし、さいごまでぜんぶみれる水族館」(小学2年生・埼玉)

概要:いすに座ると自動で連れていってくれ、体の不自由な人・歩くのに疲れた人でもまわれる

 

しまね海洋館AQUAS賞1しまね海洋館AQUAS賞1


しまね海洋館AQUAS賞
「しゃてきでエサやり水族館」(小学2年生・京都)

概要:お祭りのように、的に当てるとエサが出て下の魚がそのエサを食べられる
 
  • 開発背景とあったらいいな!プロジェクトの特徴
(1)開発背景
当社は、本格お仕事体験など、社会と親子をつなぐ対面型の体験を開催しておりますが、2020年3月の全国一斉休校を受け、オンライン小学校を3カ月間ほぼ毎日開催し、全国及び世界各国から100人以上の子どもたちに日々参加いただきました。その後もSDGsの各ゴールをテーマとして世界課題について小学生たちが学び発表する探究型のオンラインスクールを毎週開講しており、参加者は課題解決のアイデアを自分で考えるようになっております。そこで、アイデアをアイデアのままで終わらせるのではなく、社会に実際に提案し、また社会も子どもたちのアイデアから何かヒントを得ることが出来たら、地球規模の課題に取り組むため1人1人の社会参画が進む一助になるのではという想いから、特別企画として、広く参加いただけるよう無料の本オンラインイベントを実施しました。

「水族館」は、子どもが大好きな場所でありながら、海洋ゴミや生物多様性など海の生き物の課題に関心をもつきっかけになること、また、水族館側も少子化やコロナ禍も含め来場者数に課題を抱え、新しいアイデアを取り入れたいというニーズがあることを受けテーマといたしました。


(2)あったらいいな!プロジェクトの特徴

① コロナ禍でも未来への希望を!小学生の探究学習、SDGsと実社会をテーマにしたオンライン探究学習
今回は水族館がテーマのため、生物多様性や海洋ゴミ等問題の背景への学びを、異年齢・全国の子どもたちと双方向・ディスカッション形式で学ぶ。正解のない問いを、自分の頭で考える。

② 実社会=全国の水族館に提案
作って終わりではなく、子ども目線での「あったらいいな」を実社会に実際に提案として送付。「子ども目線」でのアイデアを実社会に還元。

③ 実社会=全国の水族館からフィードバック、実現へ
さらに、現場のプロフェッショナルからフィードバックをもらい、いいアイデアについては実現まで子どもたちと並走する。
 
  • ウィーケン!について

 

ワクワクの出会いとチャレンジが、子どもの未来を広げる!

探究SDGsやグローバル・STEAMなど未来にいきる力を育む小学生向けオンラインスクールと、子どもと社会をつなげ未来の可能性を広げる本格お仕事体験のプラットフォーム。これまでのべ10,000人の親子が参加。完全オリジナルの質の高い企画&子どもの主体性を育む運営スタイルで、参加親子の 9 割以上が 10 点満点(10 段階アンケート)という30~40 代ママ・パパから圧倒的支持を誇る。コロナ禍で小学生向けのオンライン体験・スクールを開始、全国及び世界中から参加。

URL: https://www.weeek-end.com/
 
  • 株式会社ウィーケンについて
株式会社ウィーケン
所在地:愛知県名古屋市中区栄
代表取締役:佐々木亜由子
事業内容:親子体験・小学生向けスクール「ウィーケン!」の企画・運営
URL:https://www.weeek-end.com/
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社ウィーケン >
  3. 小学生44人が考えた 『あったらいいな!こんな水族館』をオンラインで表彰