“リアル店舗のような購入体験”と”ユーザーの行動分析”が行える「バーチャルECストア」2021年6月22日(火)より提供開始

リアル店舗とECサイトの「いいとこ取り」小売、EC事業者様向けVRサービス

VRやAR、バーチャルキャラクターなどの技術を活用し企業のDX支援を行う株式会社inxRは、非接触非対面での販売促進活動を支援するため、VR空間内でリアル店舗のような購入体験が行える「バーチャルECストア」のサービス提供を開始いたします。


 


■ 「バーチャルECストア」とは
「バーチャルECストア」とは、従来のリアル店舗での購買体験と同じような感覚で、VRの店舗空間内で購入体験ができるサービスです。VRを活用することで、リアル店舗とECサイト両面のメリットを享受しつつ、デメリットを補完し合うことができるため業務効率化、コストカット、販売促進の施策としても有効に活用することができます。
URL http://bit.ly/VirtualECstore


■ いままでの課題

販売側と購入側の課題としては以下のようなものがありました。
□ 販売側
コロナ禍でEC化が加速した一方、実店舗での販売には売上面と費用面での懸念がある。
□ 顧客側

直接確認してから購入はしたいものの、衛生的な面で購入体験がしにくい層もいる。

また、従来の業界課題は以下のようなものがありました。
□ リアル店舗
商品の搬入作業や発送に時間や手間がかかる。頻繁に販売商品のレイアウトを変更できない。どの商品がどれだけ見られたかなどのユーザー分析ができない。
□ ECサイト
実店舗のようなクロスセルの提案に課題。ユーザーにとってレイアウトイメージが湧きにくい。

「バーチャルECストア」はこれらの課題を解決するサービスです。

■「バーチャルECストア」の5つの特徴

特徴1 - 販売促進につながる
エンドユーザーは24時間365日好きな場所から商品を閲覧し、購入することができるため、認知〜購入までの離脱率を削減することができます。
また、非接触対面接客不要で商品を試してもらうことができます。

特徴2 - コストカット(従来の固定費や外注費が削減できる)
テナント費、人件費、今までかかっていた外注費を削減することができます。
バーチャルECストアは一度データを作成すれば、その後は永続的にオンライン内でショップを展開しておくことができます。24時間365日営業可能ですが、そのためのテナント費や人件費は不要です。
また、プランによっては4Kの高画質な画像データを自由に書き出すことができるためカメラマンへの撮影依頼や担当者がカメラで撮影する必要もありません。

特徴3 - マーケティング施策として有効(行動分析、MEO対策も可能)
エンドユーザーのバーチャルショップ内の回遊や曜日時間帯別のアクセス数、どの商品がよく見られたかなどを分析することができるため、マーケティング施策に活かすことができます。
また、Googleストリートビューとも連携させることができるため、MEO対策としても有効に機能します。
*MEOとは:Map Engine Optimizationの略で、Google Mapを対象とした地図エンジンにおいて最適化を図るマーケティング手法のこと。

特徴4 - ARと連携して、バーチャル空間内商品を実際に試すことができる
バーチャルECストアで気に入った商品は、実際にARを活用して配置シミュレーションを行うことも可能です。
リアル店舗でのレイアウトイメージが湧きづらいという課題とECサイトの購入後に思ったものと異なる、というミスマッチを削減します。
 

 


特徴5 - ECサイトがない販売者様でも安心
API機能を活用し、バーチャルECストア内で販売している商品をそのまま購入することができます。
リアル店舗はあるがECサイトがないという販売者さまでも安心して導入いただけます。もちろん、すでにECサイトがある販売者様はバーチャルECストアからの導線設計が行えます。

 

 

■「バーチャルECストア」の使い方
1. 問い合わせにて、詳細をヒアリングします。
2. 担当者が現地に伺い、空間の3Dデータを採取。(実店舗での採取時間は80平米あたり1時間〜ほど)
3. 弊社内にて各種データを編集。
4.  弊社からURL形式で空間データ情報を納品。
5. サイト内に自由に組み込んでいただくことで、即日バーチャルショップを利用いただくことが可能。

■ バーチャルECストア サービスURL
http://bit.ly/VirtualECstore
 
  • 株式会社inxRとは


VR/AR/MRやバーチャルキャラクターなどの技術を活用し、企業の業務改善や業務効率化を行っている企業です。

■「バーチャルECストア」誕生の背景
弊社のコスメやカラーコンタクトが試着できる販売促進サービス「BeautyAR」経由で、店舗販売を行なっている事業者様からお話を伺ったことがきっかけでした。
昨今の状況下で、「リアル店舗の縮小はやむを得ないが、業界の性質上全てをオンライン販売のみにすることは難しい。」また購入者の方々の声としても、写真や動画だけでなく実際にリアルで商品を見て試したいという要望がありました。
そこで、リアル店舗とECストアのそれぞれの弱みを補完し、「いいとこ取り」ができないかと考案した結果、リアル店舗とECサイトに加え、VRとAR技術を活用しそれぞれの強みを活かしたソリューションが生まれました。

■ 今後の展開
先行き不透明な昨今の状況下では、既存と異なるアプローチでユーザーのニーズを満たし、課題を解決していく必要があります。株式会社inxRはエンターテイメントの領域ではなく、企業の課題解決にバーチャル領域の技術を役立てるべく各社各業界の課題に応じた活用支援や開発を行っています。
今後は各業界の課題に対し、「xR」×「DX」の視点からより多くの企業に新たなソリューションを提供していきます。

■ 会社概要
会社名:株式会社inxR(インエックスアール)
代表者:小磯 純奈
設立:2020年11月30日
バーチャルECストア サービスサイト:https://inxr.co.jp/vecstore/
コーポレイトサイト:https://inxr.co.jp

事業内容:

・VR/AR/MRの活用支援、開発
・バーチャルキャラクター制作とその運用(キャラクターデザイン、モデリング含む)
・DX企画立案、導入・運用支援内容
 

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社inxR >
  3. “リアル店舗のような購入体験”と”ユーザーの行動分析”が行える「バーチャルECストア」2021年6月22日(火)より提供開始