ナンバープレート認識をすばやく簡単に「EyeTech Sensing API」一般登録を開始

クラウド型画像認識APIサービスに登録して最先端のナンバープレート認識機能をシステムで活用

アイテック株式会社(東京都文京区本郷3-26-6)は、開発者向けのクラウド型画像認識APIサービス「EyeTech Sensing API」を公開し、一般登録を開始しました。正式サービス開始までのβテスト期間中は、最先端のナンバープレート認識技術を無料で体験できますので、正式サービスに先駆けてナンバープレート認識機能の実装・検討にご活用ください。
概要
アイテック株式会社は、より多くのお客様に当社の最先端のナンバープレート認識技術を始めとする高性能な画像認識技術をご利用いただきたいという想いから、開発者向けのクラウド型の画像認識APIサービス「EyeTech Sensing API」(以下「SensingAPI」)の開発に取り組み、この度、特設サイト(https://lpr.sensing-api.com)にて、一般登録を公開し、正式サービスに向けたβテストを開始しました。

画像認識クラウドAPIサービス 「EyeTech Sensing API」最先端のナンバープレート認識を利用できます画像認識クラウドAPIサービス 「EyeTech Sensing API」最先端のナンバープレート認識を利用できます

βテスト期間中は、月当たりの利用回数に制限を設けていますが、正式サービス開始に先行して、無料でナンバープレート認識機能をシステムや端末に実装して、機能や性能、動作の確認にご活用いただけます。βテスト期間中は月当たりの利用回数に制限を設けているため、PoCや実地での運用確認での利用が必要な方は、正式サービスの開始をお待ちいただくか、並行して実施中のαテストへの参加をご検討ください。αテストへの参加のご希望は引き続き特設サイト下部のアンケートより受付中です。


アイテックのナンバープレート認識技術について
当社のナンバープレート認識(車番認識)ソフトウェア「EyeTech LPR」(LPR = License Plate Recognition)は、独自開発のアルゴリズムにより、高い応答性能と認識性能を両立、様々な撮影環境や撮影角度に幅広く対応し、実環境において99%超のナンバープレート認識率(※)を実現可能な高性能ナンバープレート認識ソフトウェアです。

多様な図柄入りナンバーを認識可能多様な図柄入りナンバーを認識可能

PC・エッジ端末向けのソフトウェアライセンスとして5,000件を超える導入実績があり、2018年より導入開始された様々な図柄入りナンバープレートや、2020年5月より発行されている新たなご当地ナンバーにもいち早く対応し、様々なシステムで活用されています。

※ 認識率は、<全文字正解のナンバープレート数> / <全ナンバープレート数> (検知対象外のナンバープレートは除く)により算出しています。実環境での認識率はカメラの設置環境や撮影条件、対象のナンバープレートにより変動します。 

サービスの特長
従来のナンバープレート認識は、現地に認識処理専用の高性能なPCやサーバーを設置するオンプレミス型のソフトウェア提供が主流であり、「来場台数の少ない駐車場でも利用したい」、「一日数台程度の来場車両を認識したい」、「スマートフォンで撮影した画像からナンバーを記録してほかのデータと紐づけたい」といった少規模利用のニーズに対して導入コストが合わないケースが多くありました。また、新たに追加されるご当地ナンバーや図柄の追加対応に合わせてソフトウェア更新のための保守対応が発生することも導入の障壁となっていました。
「SensingAPI」では、サービスから発行したトークンと画像をAPIへ渡すだけで、常に最新のナンバープレート認識が利用可能に。高性能なハードウェア、ソフトウェア更新の保守対応といった導入・保守のコストを最小限に抑えて、手軽に幅広いシステムからナンバープレート認識をご利用いただけます。
  • 迷惑駐車の車両を撮影してナンバープレートと共に記録し、常習犯を特定
  • ホテルや店舗にて、お客様の車両を撮影・記録して、駐車サービスや再訪時のサービス向上に利用
  • 駐車場の車室ごとに駐車しているナンバープレートを記録して、駐車位置を忘れた際の検索に活用
  • Webサービスで車両画像の撮影によるナンバープレート情報を入力する手間を省略

今後の展開
「SensingAPI」は、2021年中を目途に正式サービスの開始時期をご案内予定です。正式サービス開始までのβテスト期間中は、無料でナンバープレート認識機能「LPR」のAPIを利用できます。
βテストは、正式サービスの環境下で当社運用の確認を行う目的で実施しています。ナンバープレート認識を活用したシステムやソフトウェア・Webサービスの先行開発をご希望の方は、特設サイト右上部の「会員登録」よりご登録(※)いただくことで利用を開始できます。βテスト期間中は、APIの利用回数制限を設けているため、正式サービス前にPoCや実地検証などで大規模な利用を予定しているお客様は、αテストへの参加をご検討ください。
2021年4月より開始したαテストは正式サービス開始まで引き続き実施しています。αテストは、別環境下での多地点・多端末からの負荷テストを主目的としているため、利用回数制限なしでご利用いただけます。αテストへの参加希望の方は、特設サイト下部のアンケートよりαテストへの参加希望とご利用予定についてご回答ください。当社にて選考の上、参加可否についてご連絡させていただきます。

お問い合わせ先
「SensingAPI」および本プレスリリースにかかわるお問い合わせにつきましては、特設サイト下部のアンケートよりお願いいたします。
特設サイト: https://lpr.sensing-api.com
 認識デモ: https://lpr.sensing-api.com#demo
アンケート: https://lpr.sensing-api.com#price

PC・エッジ端末向けのLPR製品も好評発売中
「SensingAPI」はクラウド型のサービスのため、サーバーの負荷やお使いの通信環境によって応答性能が低下することがあります。高い応答性能が必要なシステムや、カメラの連続映像に対してナンバープレート認識処理をし続ける用途、またはインターネットを利用できない環境においては、従来より販売しているPC・エッジ端末向けのナンバープレート認識ソフトウェア「EyeTech LPR」をご検討ください。また、当社では「EyeTech LPR」を利用したナンバープレート認証システム「ParkingEyes」を開発・販売しています。詳しくは、当社HPよりお問い合わせください。

サービス開発・運営会社
名称: アイテック株式会社 (EyeTech Co., Ltd.)
所在地: 東京都文京区本郷3-26-6 NREG本郷三丁目ビル6F
事業内容: 1.高機能画像処理アプリケーションの企画・開発・販売 2.画像認識技術の研究開発
当社URL: https://eyetech.jp
EyeTech LPR製品紹介: https://eyetech.jp/product/lpr/
ParkingEyes製品紹介: https://eyetech.jp/product/parkingeyes/

※ご利用にはクレジットカードの登録が必要です。βテスト期間は料金請求は発生しません。正式サービス開始後も別途有償利用の手続きを行うまで料金請求は発生しません。カード情報については外部決済サービスにて管理され、当社では保管しません。
※「SensingAPI」(登録商標第 6464415 号)、「ParkingEyes」(登録商標第 5354469 号)は、アイテック株式会社の登録商標です。
 
  1. プレスリリース >
  2. アイテック株式会社 >
  3. ナンバープレート認識をすばやく簡単に「EyeTech Sensing API」一般登録を開始