潜在意識アカデミー第3期が今月よりスタート

コロナ禍で自宅起業をしたい女性を中心に、clubhouseから126名が参加

ワンネス株式会社(東京・港区、代表取締役社長:石山 喜章)がトヨタや三菱電機の幹部に提供してきたプログラムを一般公開した「潜在意識アカデミー」が今月からスタート。いま話題の音声SNS、clubhouse(クラブハウス)から126名の申し込み(売上は2,000万円近く)となり、clubhouseを活用したビジネスの成功事例になっています。

◆クラブハウスから126名が参加
ワンネス株式会社(東京・港区、代表取締役社長:石山 喜章 以下、ワンネス)が開催する個人向けのオンラインセミナー、潜在意識アカデミー(第3期)が今月よりスタートしました。当社がトヨタや三菱電機の幹部向けの企業研修として提供してきたプログラムを、一般向けに公開したオンラインセミナーが「潜在意識アカデミー」です。
今回の講座は、いま話題の音声SNS、clubhouse(クラブハウス)から、126名の申し込みがあったことも大きな特徴です。講座の売上としては2,000万円近くとなり、clubhouseを活用したビジネスの成功事例にもなっています。

潜在意識アカデミー 第3期
https://yoshiaki.ishiyama.art/academy/


◆受講者の76%が起業女子
これまでの第1期と第2期では男性と女性の受講比率が半々だったのに対し、今回の第3期は女性の受講者が76%を占めています。女性の受講者が大幅に増えた理由としては、コロナ禍の影響を受け、コーチングやオンラインサロンなど、自宅で起業したい女性が増えていることが背景にあります。当社の講座で事業を発展させるために、自分自身の生き方を見つめ直し、ビジネスに対する考え方を整理したい女性が増えています。

 

 


今回、参加者のほぼ全員が、clubhouseで石山の話を聞いたことを機に、その場で当社セミナーへの参加申し込みを決めています。いわゆる商品説明はしておらず、声と雰囲気で価値を判断してくださった方が多いという、新しい流れを感じています。
 

◆ワンネス株式会社とは
代表・石山喜章がライブドアの混乱期に自ら600名のマネジメントに苦悩した経験から、「管理職の悩みに応える存在になりたい」と決意し、管理職を対象にカウンセリング・研修を提供する当社を2012年に創業。管理職のマネジメント能⼒を向上させる「カウンセリング」と「研修」をセットにしたプログラムで、トヨタや三菱電機など、数多くの企業で人材育成を手掛けています。

ワンネス株式会社
https://oneness.inc/

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. ワンネス株式会社 >
  3. 潜在意識アカデミー第3期が今月よりスタート