10月15日 防災住宅が「防災グッズ大賞2021」住宅部門の大賞を受賞。住宅としては初の受賞。東京ビッグサイトで授賞式が行われました。

防災グッズ大賞2021〜第3回防災グッズ展(主催:一般社団法人災害防止研究所)住宅部門 大賞 

防災グッズ大賞2021の住宅部門で「防災住宅」が、住宅としては初めてとなる【大賞】を受賞。10月15日(金)東京ビッグサイト にて授賞式が執り行われました。

防災グッズ大賞2021授賞式防災グッズ大賞2021授賞式

この度、百年住宅グループと一般社団法人 防災住宅研究所が共同開発した 「防災住宅」が防災グッズ大賞2021の住宅部門で大賞を受賞し、10月15日(金)東京ビッグサイト にて授賞式が執り行われました。

防災グッズ大賞(主催:一般社団法人災害防止研究所)は、優れた品質の防災グッズを表彰し、防災グッズ(防疫、防犯を含む)を広く 普及することを通じて、災害への備えの必要性、特に自助意識を啓発・普及することを目的として 2019年に創設されたものです。

この度、「防災住宅」は「住宅」自体として初めてとなる【大賞】を受賞しました。

防災グッズ大賞2021授賞式防災グッズ大賞2021授賞式

左)防災住宅所代表理事 児玉猛治 右)百年住宅㈱代表取締役 中嶋雄左)防災住宅所代表理事 児玉猛治 右)百年住宅㈱代表取締役 中嶋雄

百年住宅グループが提供するWPC工法の住宅は、阪神・淡路大震災以降の巨大地震で、全壊・半壊どころか一部損壊の被害もありませんでした。今回は、このWPC工法に対し、防災住宅研究所所長 児玉猛治氏が考案した「家族の安全を高める」装備品と対策を取り入れ、「防災住宅」を開発しました。
児玉氏が数々の災害現場を調査した経験をもとに、地震・津波・台風・浸水害・土砂災害・火災など、あらゆる災害から家族の命を守ることができる住宅になっています。
また、コロナ禍最大のテーマとなっている避難の問題も解決し、電気・水道などライフラインが寸断された中でも在宅避難が可能な設備を整えています。
 

『防災住宅の定義』
「防災住宅」とは、最長の住宅ローンが終わる35年間は地震、津波、台風、ゲリラ豪雨、土砂災害、竜巻、シロアリなど、住宅を襲う様々な災害に対し、全壊・半壊は当然のこと、一部損壊さえもなく「家族の安全を確保」し、災害後も避難所に行くことなく、自宅でストレスのない生活環境が得られる住宅とする。

■「防災住宅」の特徴、定義、開発経緯は 下記URLからご覧ください
https://bousai-jyutaku.jp/contents/1476
 

 

 

 

 


【防災住宅に関するのお問合せ先】
一般社団法人 防災住宅研究所 TEL 0120-03-1020
https://bousai-jyutaku.jp/

百年住宅グループ各社
百年住宅株式会社 TEL 054-237-0500
百年住株中部式会社 TEL 052-362-9721
百年住宅西日本株式会社 TEL 083-989-6622
https://www.wpc100.co.jp/

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 百年住宅株式会社 >
  3. 10月15日 防災住宅が「防災グッズ大賞2021」住宅部門の大賞を受賞。住宅としては初の受賞。東京ビッグサイトで授賞式が行われました。