日本初!兼業農家向け就農スクールサラリーマンのまま30名が就農~移住へ 千葉県内

〜 農地取得、申請支援、販売促進、栽培でサポート 〜

株式会社おひさま総合研究所(本社:千葉県千葉市、代表取締役兼校長:平山泰朗)は、日本初となる兼業農家になることに特化した就農スクール「チバニアン兼業農学校」の修了生が11月末時点で30名就農したことを報告しました。
「日本初」表記に関して、自社調べ・2022年11月時点・日本国内農業学校として。

集合写真集合写真

農地の斡旋や各種申請作業をサポート → 移住希望者増加


「チバニアン兼業農学校」は、兼業で農家になることを目的とした民間スクールです。具体的には、就農の最大ハードルである農地取得、営農計画策定、新規就農者認定、書類作成などを実際の農政担当者や有識者が伴走しながら指導し、短期間で農業者になることを目指す実践的学校です。

 また兼業でありながら、収益を省力で上げるための六次産業化(ネット通販、ソーラーシェアリング、農泊、体験農業、農家レストラン、省力栽培等)の講義も行います。

 

 睦沢町では、農業委員会、農政担当者、農業関係者、現役農家が講義に参加し、町の農地の斡旋や新規就農認定をサポートします。他地域兼業就農の希望者には、用地探索から農地取得までを指導します(ただし就農地域は睦沢町に限定されません)

 2022年1月から事業を開始し、現在、3期生の授業が開催中です。人数は、1期生23名、2期生23名、3期生34名と回を重ねる度に人数を増やしてきました。またその多くは、首都圏在住の現役サラリーマンで、兼業就農に対する大きな期待を集めています。

 今回、修了生70名中30名が千葉県睦沢町を中心に、千葉県内にて各市町村農業委員会の許可を経て、就農を実現しました。人数比率は、睦沢町27名、君津市1名、茂原市1名、いすみ市1名となります。大部分の就農者が、睦沢町の耕作放棄地や低利用地を中心に就農し、地域の農地保全を外部から実現しています。就農者のほとんどは二拠点生活ですが、8名ほど、当校を機会に移住をしています。

生徒属性資料などはこちらを参照ください。
https://prtimes.jp/a/?f=d87039-20221203-39bed662d05b2608c97ba1720d126053.pdf
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社おひさま総合研究所 >
  3. 日本初!兼業農家向け就農スクールサラリーマンのまま30名が就農~移住へ 千葉県内