東京ヴェルディ所属、インドネシア代表のプラタマ・アルハン選手のスポンサーシップ・肖像権の代理店権利を獲得

インスタ・フォロワー約300万人を持つアルハン選手のスポンサーシップを活用した、インドネシア進出・拡大を支援

TechSports株式会社(本社:東京都渋谷区、代表:緒方 譲)は、サッカーのインドネシア代表であり、東京ヴェルディに完全移籍で加入したプラタマ・アルハン(Pratama Arhan)選手の個人スポンサーシップや個人肖像権の代理店権利(国内)を獲得したことを発表します。インスタ・フォロワー約300万人を持つアルハン選手のスポンサーシップや肖像権を活用した、クライアントのインドネシア進出・拡大を支援します。
アルハン選手のインスタ・アカウント:https://www.instagram.com/pratamaarhan8/
プラタマ・アルハン選手は、インドネシアの小さな地方都市であるブローラで生まれました。小さい頃からサッカーが大好きで、同国一部リーグに所属するPSISスマランのアカデミーで練習に励み、今ではインドネシア代表の中核選手として活躍するまで成長しました。昨年に開催された、東南アジアサッカー選手権「2020 AFFスズキカップ」では決勝に進出し「AFFベストヤングプレーヤー」および「AFFベストイレブン」に選出。また、世界的なサッカーメディアであるGoal.comでも次世代のスター選手に贈られる「NXGN」に表彰され、同大会での活躍をきっかけに2022年2月、東京ヴェルディへの完全移籍を勝ち取りました。


初の海外挑戦となる移籍について、アルハン選手は次のように述べています。「インドネシアではサッカーが最も人気のあるスポーツです。そのスポーツでインドネシア代表としてプレーできることを、誇りに思います。この度、Jリーグの名門である東京ヴェルディに移籍できたことも光栄に思っており、毎日のトレーニング環境など、大変充実しています」と、現在の心境を語っています。また、今回の個人スポンサーシップ・個人肖像権の代理店契約については、「この度、東南アジア市場に精通しているTechSports社とスポンサーシップや肖像権の代理店契約を締結させていただきました。同社とは単なるビジネスの関係だけでは、担当者との深い信頼関係を築いて、公私のサポートいただいています」と、述べています。

インドネシア国民の大きな期待を背負い、同選手には代表チームと所属クラブでの活躍が期待されます。
今回の機会に、約2憶7千万といわれるインドネシア市場において、市場拡大や製品プロモーションを計画されている方は、お気軽に連絡ください。なお、東京ヴェルディに関するスポンサーシップについては東京ヴェルディが担当窓口となります。

 

■会社概要
TechSports株式会社(テックスポーツ)はスポンサーシップ分野において、海外でのアクティベーションに特化した支援を行っています。海外市場に対する深い洞察を持った担当者が在籍しており、効果的なプロモーションを企画し、現地メディアや海外のSNSを駆使してアクティベーションを支援します。
また「スポーツ×テクノロジー」による価値創出を目指し、スポーツAIカメラを中心とした、海外の最先端テクノロジーを日本で普及する活動を続けています。

TechSports株式会社の詳細は「TechSports.jp」をご覧ください。

【個人スポンサーシップ/個人肖像権に関するお問い合わせ】
会社名:  TechSports株式会社
住所:     東京都渋谷区東 2-29-7スペランザ恵比寿  502号
HP:      https://techsports.jp
Email:   sales@techsports.jp

【東京ヴェルディのクラブスポンサーに関するお問い合わせ】
住所:     東京都稲城市矢野口4015-1
HP:      https://www.brand.verdy.co.jp/partner
Email:   partner@verdy.co.jp
  1. プレスリリース >
  2. TechSports株式会社 >
  3. 東京ヴェルディ所属、インドネシア代表のプラタマ・アルハン選手のスポンサーシップ・肖像権の代理店権利を獲得