高機能性素材を開発する岐阜大発ベンチャー「FiberCraze」、シードラウンドで初の資金調達4000万円を実施

~経営幹部を中心に人材採用を本格化〜

このたび、岐阜大学発ベンチャーのFiberCraze株式会社(本社:岐阜県岐阜市、代表取締役社長 長曽我部竣也 以下:ファイバークレーズ)は、地域発ベンチャーの発掘育成を手がける株式会社リバネス(ジャーミネーションファンド1号投資事業有限責任組合)、岐阜県の中核企業である長谷虎紡績株式会社、地域金融機関であるOKB大垣共立銀行グループの株式会社OKBキャピタル及び十六フィナンシャルグループのNOBUNAGAキャピタルビレッジ株式会社より初の資金調達を実施しました。

高機能性素材を開発する岐阜大発ベンチャー「FiberCraze」、シードラウンドで初の資金調達4000万円を実施~経営幹部を中心に人材採用を本格化~



このたび、岐阜大学発ベンチャーのFiberCraze株式会社(本社:岐阜県岐阜市、代表取締役社長 長曽我部竣也 以下:ファイバークレーズ)は、地域発ベンチャーの発掘育成を手がける株式会社リバネス(ジャーミネーションファンド1号投資事業有限責任組合)、岐阜県の中核企業である長谷虎紡績株式会社、地域金融機関であるOKB大垣共立銀行グループの株式会社OKBキャピタル及び十六フィナンシャルグループのNOBUNAGAキャピタルビレッジ株式会社より初の資金調達を実施しました。

■ ファイバークレーズのミッションとコア技術について

ファイバークレーズは、「世界が誇る素材を創る」をミッションに掲げ、繊維・フィルム素材の多孔化技術をコアとした高機能性素材の開発を行う岐阜大学発ベンチャー企業です。蚊などの媒介虫による感染病予防を中心として、フッ素フリー素材、マイクロカプセル代替素材等の最先端素材開発を行っております。「ミクロな技術で、人類と地球のミライを織りなす」ビジョンの実現に向け、岐阜の技術を結集させて新たな素材の開発を進めています。

今回の資金調達により、経営幹部をメインに人材の採用や、試作機の開発を進め、岐阜県発のメガベンチャーへと成長するための一歩を踏み出します。また、出資各社においては、県内に眠る技術シーズの発掘・育成と持続可能な産業エコシステムの構築を目指して、4社共同でFiberCraze社が掲げるミッション、ビジョンの実現に向け成長支援をサポートいただきます。



ファイバークレーズのコア技術は、岐阜大学の基礎研究から生まれた「繊維・フィルム素材の多孔化技術」です。後加工で素材に数十ナノメートルの孔(あな)を空けることで、成分の保持や粒子の透過・制御、水・油の分離などの特徴を持ちます。
蚊などの媒介虫による感染病予防素材をはじめ、医療・バイオ分野、産業分野など幅広い用途に展開できます。 当コア技術の応用製品として、防虫や保湿の成分を閉じ込めた高機能性繊維や、液体の吸着剤・分離膜など様々な機能を持つ素材を開発しています。


■ 資金調達の目的
事業を拡大する上で必要な人材の積極的な採用(経営幹部候補、事業開発、量産開発等)
コア技術である多孔化プロセスを、様々な用途に対応し試作・量産前まで対応できる試作機等の開発


■ 投資家からのコメント
株式会社リバネス 代表取締役 グループCEO 丸幸弘さま
岐阜の科学技術を集結させて、東南アジアをはじめとする開発途上国の感染症問題を解決したいというFiberCrazeのビジョンに共感しました。リバネスは、日本の地域から情熱と科学技術をもつアントレプレナーを発掘し、中核企業や金融機関とともに世界の課題を解決する「知識製造業」に取り組んでいます。今回の出資を通じて、FiberCraze・長谷虎紡績・OKB・リバネスが一体となり、岐阜地域の活性化と世界の課題解決の双方を実現していきたいと思います。


長谷虎紡績株式会社 代表取締役社長 長谷享治さま
知識製造業による新時代の幕開け
私たち長谷虎紡績は、今から136年前に繊維を通して地域に貢献することを目的に誕生しました。岐阜は繊維の街として栄えましたが、時代の変化と共に生産拠点は海外へ移り、多くの企業が淘汰されて来ました。しかし繊維には大きな価値と魅力があります。それは、人に最も近い素材だからです。今回、私たちはFiberCrazeへの出資を決めました。それは繊維という素材に新たな知識を加え、それにより世界が抱える大きな課題を解決しようとする、高い志に共感したからです。FiberCrazeの知識と私たちの知識をかけ合わせることで、地球に貢献する。この取り組みは、まさに知識製造業による新時代の幕開けとなるものです。


株式会社OKBキャピタル 代表取締役社長 岡田恒一さま
長曽我部代表と初めて出会ってから今回の投資に至るまで、起業家としての着実な成長を見続けてきました。そして、長曽我部代表の持つ、「学術研究から生まれた技術を、多様な産業・分野に拡げていきたい」という理念に共感します。
今回の投資は、中部エリアをメインに企業経営を総合的にサポートする専門化集団「名南コンサルティングネットワーク」の名南М&Aとともに運営する「OKB4S循環ファンド」から実行しました。今後もFiberCrazeにとって有益なサポートを展開していきます。


NOBUNAGAキャピタルビレッジ株式会社 代表取締役 峠清孝さま
FiberCraze株式会社への出資は、NOBUNAGAキャピタルビレッジとして岐阜県スタートアップへの出資第1号案件となります。
出資を通じて、これまで縁を紡いできた岐阜大学起業部の初代部長である長曽我部さんの事業成長を株主の立場で応援できることを嬉しく思います。
地域産業である繊維と岐阜大学が長年研究してきた技術シーズとの融合は、繊維業界に新しいイノベーションを創発し、今後の繊維産業を長く支えていく礎になると考えます。十六フィナンシャルグループのリソースを最大限活用するなか、FiberCraze社の成長と発展、「地域の成長と豊かさの実現」に向け、全力でサポートしていきます。


■ 岐阜大学学長からのコメント
岐阜大学 学長 吉田和弘さま
この度、岐阜大学発ベンチャー 第7号のFiberCraze社が大型の資金調達を受けるに至ったこと、岐阜大学として誇らしく思います。長曽我部代表は、本学が用意する起業プログラムを一つずつ着実に進めた、大学におけるスタートアップのモデルケースでもあります。岐阜大学発ベンチャーの模範となることを期待するとともに、FiberCraze社が今後、高機能性素材の開発を通してさらなる飛躍を遂げ、岐阜大学発・岐阜県発のメガベンチャーに成長し、社会に貢献できることを期待しています。


■ 採用情報
ファイバークレーズでは、COOや事業開発、プロジェクトマネージャー、R&Dマネージャーを募集しています。今回調達した資金をもとに、ミッション・ビジョンの実現に向けて爆発的な成長を目指しましょう!

下記のお問い合わせからご応募ください。


採用ポジション

▶取締役COO

▶事業開発マネージャー

▶研究開発マネージャー


応募ページ

https://salty-deer-f81.notion.site/FiberCraze-55f3ba5c27c641098cbaa2d686116226?pvs=4


*カジュアル面談をご希望の方は、代表長曽我部のTwitter(@ShuyaChop)またはFacebook(https://www.facebook.com/chosokabe.shunya)までDMをお願いいたします。



■ FiberCraze 代表取締役社長 長曽我部竣也について
1997年愛知県一宮市生まれ。2022年度岐阜大学大学院修了。大学・大学院時代に自身が研究に従事した世界初技術の可能性に惹かれ、仲間とともに製品化を始める。
「埋もれていた技術の新たな価値を見出し、社会に繋げることで未知なる可能性を発揮する」という思いのもと大学院在学中の2021年9月、23歳で創業。


■ FiberCraze 取締役CTO 武野明義について
東海国立大学機構 岐阜大学工学部化学・生命工学科 教授、岐阜大学高等研究院Guコンポジット研究センター センター長を歴任(2018設立より2023.3まで)。専門は機能性高分子、高分子材料、複合材料。現在 一般社団法人 繊維学会理事。繊維学会賞、繊維学会 論文賞、日本歯科理工学会 論文賞、岩木賞 大賞などを受賞。



■ 会社情報
FiberCraze(ファイバークレーズ)株式会社
ミッション:「世界が誇る素材を創る」

ビジョン:「ミクロな技術で、人類と地球のミライを織りなす」
設立:2021年9月
HP:https://www.fibercraze.com/
事業内容:防虫・保湿・抗ウイルス等の機能を持つ繊維の研究開発
      液体吸着・分離等の機能を持つ機能性多孔質フィルムの研究開発
      繊維素材サンプル、フィルム素材サンプルの販売
      研究開発製品及び受託開発製品の製造及び販売

<本リリースに関するお問い合わせ先>
shun@fibercraze.com

  1. プレスリリース >
  2. FiberCraze Inc. >
  3. 高機能性素材を開発する岐阜大発ベンチャー「FiberCraze」、シードラウンドで初の資金調達4000万円を実施