ContractS株式会社がコーポレートITプラットフォーム「ジョーシス」を導入

~ITデバイスからSaaSまで一元化された管理設計を実現、IT管理の未来をともに推進~

ITデバイスやSaaS管理などのコーポレートIT業務を自動化・アウトソース可能とするプラットフォームを運営する、ラクスルグループのジョーシス株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長CEO:松本恭攝)は、契約業務の効率化を実現するクラウド型契約マネジメントシステムを提供するContractS株式会社に当社サービスを導入をいただいたことをお知らせいたします。本サービスを通じて、同社の上場を見据えた内部統制や管理部門の業務効率の向上を支援し、コーポレートIT部門の業務負荷軽減とセキュリティ体制強化により、「付加価値の高い業務に専念できる環境づくり」という価値提供に邁進してまいります。

 

  • 「ジョーシス」導入に至る課題と背景

新型コロナウイルス感染症の拡大以降、急速に広まったテレワークをはじめとした新しい働き方への対応や急増するSaaSの導入などにより、企業のITインフラを管理する情報システム部門(以下「コーポレートIT」)の業務は年々負担を増しています。

ContractS株式会社では、業務効率向上などを目的に50近くのSaaSが導入されており、上場準備・監査対応にあたり、それらを網羅的に管理できるツールの導入が必要だったという背景があります。コーポレートIT部門として、情報セキュリティ対応・ITデバイス管理・ソフトウェア管理・社内データベース管理などを進めていく中で、情報資産の全量把握、リスク把握・対応に関して以下のような課題を抱えていました。
 
  1. ITデバイスとソフトウェアの管理について、入退社などのイベントでは労務や情報セキュリティという複数部門を跨ぐため、やりとりが煩雑でスプレッドシートでの管理に限界があった。
  2. 上場準備・監査対応にあたり、50近く利用されているSaaSを網羅的に管理できるツールが必要だった。
  3. スタートアップ企業はITデバイス購入の面でエンタープライズ向けディスカウントが提供されずコスト負荷が高くなりがち。また、社員が自由に購入してきてカスタムすることも多いので、セキュリティ面で問題が出る場合も多く一元管理したかった。

このような課題を解決するために、「ジョーシス」導入を決定いただきました。
 
  • 導入の決め手と効果

「ジョーシス」の導入に至った決め手については、以下のような点を挙げられています。
  1. ITデバイスとSaaSの管理が同一プロダクト内で可能
  2. ITデバイスが購入でき、キッティングのアウトソースまで可能
  3. 将来的に、同一プロダクト内で情報セキュリティ対応が可能
  4. 直接雇用ではないスタッフも管理できる人事マスタを作成可能

導入効果については、総じて「管理コストの削減」が見られたといいます。以前は、ITデバイス、SaaSともにスプレッドシート管理でアカウント発行・削除もサービス毎に行っていたため、日々の運用や台帳の更新に時間がとられていたところ、「ジョーシス」導入により自動運用が実現し、アカウント追加や削除漏れが減少しています。

また、体制変更や人員の入退社に関してのアクションも履歴も残るので、監査対応でも正確性が担保でき、属人性も排除できたとのこと。さらに、現在は従業員マスタのアウトプットを毎月「ジョーシス」から発行されており、ゆくゆく従業員の在籍推移も蓄積されるなどの人事ダッシュボードとしても機能すれば、と期待をいただいています。

ContractS株式会社「ジョーシス」導入事例:https://josys.it/case/contracts
 
  • ITデバイス&SaaSの統合管理クラウド「ジョーシス」について

ITデバイス & SaaS の統合管理クラウド「ジョーシス」では、従業員に紐づけたITデバイス・SaaSの台帳管理や、入退社に伴うSaaSアカウント発行・削除、退職者の削除漏れアカウントの検知、PC購入やキッティング・ヘルプデスクのアウトソースなど、あらゆるコーポレートIT業務を自動化する機能を提供し、コーポレートITの業務負荷を軽減し、セキュリティ体制を強化します。

社名:ジョーシス株式会社
・代表取締役社長:松本 恭攝
・設立:2022年2月1日
・資本金:1億円
・本社:東京都品川区上大崎2-24-9 アイケイビル1F
・企業URL:​https://corp.josys.it/

 


・利用に関するお問い合わせ:https://josys.it/contact
 
  • 【ラクスルグループについて】
「仕組みを変えれば、世界はもっと良くなる」という企業ビジョンのもと、印刷や物流、広告といったデジタル化が進んでいない伝統的な産業にインターネットを持ち込み、産業構造を変えることで、より良い世界にすることを目指します。現在ではネット印刷・集客支援のプラットフォーム「ラクスル」、物流プラットフォーム「ハコベル」、マーケティングプラットフォーム「ノバセル」を提供するノバセル株式会社、コーポレートITの「ジョーシス」のサービスを提供するジョーシス株式会社を運営しております。(URL:https://corp.raksul.com/
 
【ラクスルが取り組む"産業DX"】
私たちは、シェアリングプラットフォームによる取引の効率化、ソフトウェア(SaaS)による業務の効率化、それらに基づく付加価値サービスの3つを統合したプラットフォームの構築により、バーティカルに各産業の課題を解決し生産性・収益性の高い業界に変革していきます。ラクスル株式会社は産業変革者として、デジタル化が進んでいない伝統的な産業に対して、統合バーティカルプラットフォームを通じてDXを推進し、世界をより良いものにしていきます。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. ジョーシス株式会社 >
  3. ContractS株式会社がコーポレートITプラットフォーム「ジョーシス」を導入