​ フィギュアづくりの秘密に触れる 南国キャラクターフェスティバル——高知アニメクリエイター祭・プロジェクトゼロ 2024年1月に本祭

高知信用金庫(理事長・山﨑久留美)が、高知県、高知市、須崎市、南国市と連携して取り組む「高知アニメクリエイター聖地プロジェクト」は、11月12-13日の2日間、アニメクリエイターの世界を体感できるイベント「高知アニメクリエイター祭・プロジェクトゼロ」を開催いたしました。

南国市の会場は、海洋堂SpaceFactoryなんこくを舞台にした「南国キャラクターフェスティバル」。映画『シン・ウルトラマン』CG制作の舞台裏や怪獣造形師の秘話が語られる講演会、怪獣フィギュアの実演・体験イベントなどが開かれました。 

キャラクターに囲まれたテープカットでイベントの幕開けキャラクターに囲まれたテープカットでイベントの幕開け

【イベント概要】
イベント名 高知アニメクリエイター祭・プロジェクトゼロ 南国キャラクターフェスティバルin海洋堂SpaceFactoryなんこく
日時 2022年11月12、13日 10:00~18:00
場所 海洋堂SpaceFactoryなんこく(高知県南国市大そね甲1623ー3)
主催 高知アニメクリエイター聖地プロジェクト実行委員会
提供 高知信用金庫・公益財団法人地域みらい財団


大盛況の「フィギュアまき」
12日のオープニングセレモニーでは、 南国市の平山耕三市長、海洋堂の「センム」こと宮脇修一専務取締役があいさつをした後、餅まきならぬ「フィギュアまき」で幕開けを宣言しました。お菓子に加えて、抽選券のついたフィギュアのパーツがまかれ、大にぎわいでした。

おおにぎわいの「フィギュアまき」おおにぎわいの「フィギュアまき」

あいさつする平山耕三南国市長あいさつする平山耕三南国市長

海洋堂の宮脇修一専務取締役海洋堂の宮脇修一専務取締役


フィギュアづくりを体験
館内では、さまざまな体験イベントや講演会を開催いたしました。
CGによる造形を体験できる「みらいのおねんど教室」では、デジタル造形ソフト「ZBrush」(ズィーブラシ)とペンタブレットを使い、来場者がデジタル造形を体験。粘土のように引っ張ったり、削ったりして形を作った後、色塗りを行う一連の工程を体験しました。

講師はデジタル彫刻家の戸田かえでさん。怪獣好きの子どもたちに大人気の体験会となりました講師はデジタル彫刻家の戸田かえでさん。怪獣好きの子どもたちに大人気の体験会となりました


フィギュアの秘話
海洋堂造形部クリエイティブマネージャーのねんど星人(RYO)さんは「私はこうして怪獣クリエーターになった! デジタル怪獣造形師への道!」と題して登壇し、デジタル造形ソフト「ZBrush」で怪獣の制作を実演しました。
球の状態の「粘土」を大まかに形を整えてから細部を削ったり、角や牙を付け足したりしていくとドラゴンのような怪獣に。プロの手で造形していく様子に来場者も興味津々でした。ねんど星人(RYO)さんは「生き物らしさを出す」ために実際のトカゲの特徴なども踏まえて造形を行うといい、「動きそう、呼吸しそう、と考えながらやっています」。鱗や目玉などの細部にもこだわり、40分ほどでリアルな怪獣の頭部を完成させました。

 

  海洋堂造形部クリエイティブマネージャーのねんど星人(RYO)さん 海洋堂造形部クリエイティブマネージャーのねんど星人(RYO)さん

「映画『シン・ウルトラマン』CG制作の舞台裏! 禍威獣の動きはこうして生まれた!」では、BIGFOOT代表兼CGアニメーターの熊本周平さんが講演しました。
撮影前に簡易なCGで映像を作り、カメラワークやキャラクターの配置などを決める「プリビズ」について紹介し、シン・ウルトラマンの格闘シーンなどを交え、「スタッフが皆誰も見たことがない映像を目指し、アングルを探した」と語りました。。 

CGアニメーターの熊本周平さんCGアニメーターの熊本周平さん

仕事で大切にしていることは「本物を多く見て、観察眼を養う」「実際に自分で動いてみる」「違和感を徹底的になくす」こと。CGアニメーターを目指す人に対して、「この業界は結果が全て。自分の腕のみがものを言う業界なので頑張ってください」と熱く語り掛けていました。


2024年1月に本祭開催!
高知アニメクリエイター祭・プロジェクトゼロは、多くの皆さまのご協力のもと、盛況裏に終えることができました。ご参加いただいたアニメ魂を持った皆さま、誠にありがとうございました。
2024年には高知アニメクリエイター祭の本祭を開催予定です。アニメクリエイターの集う拠点創りに向けて、引き続きプロジェクトを進めて参ります。イベント詳細は順次公開して参りますので、ぜひご注目ください。

【高知アニメクリエイター聖地プロジェクト】
高知アニメクリエイター聖地プロジェクトは、産業デジタル化、クリエイター育成、働き方改革など、『アニメの未来課題』と『高知のミライ課題』を、クリエイティブとデジタルの力で解決する試みです。官民が連携して、アニメクリエイターの育成・発掘・交流を行い、高知ゆかりのアニメクリエイター人口が増えることによって、「企業誘致」「雇用創出」「観光創出」の実現を目指しています。


【土佐ノ國アニメーション構想】
高知アニメクリエイター聖地プロジェクトの中核となるのが、土佐ノ國アニメーション構想です。高知県でアニメ産業を生み出すためには、まず、高知でワンストップに、長編アニメーションが制作できるプラットフォームを創り出す必要があります。
アニメ制作が逼迫している日本のアニメ産業界において、高知で、長編アニメーションが制作できる体制が整えば、必然的に、国内外から高知に“アニメのシゴト”が集まるようになります。高知にアニメのシゴトを創り出すため、「土佐ノ國アニメーション」と銘打ち、高知発オリジナルブランドの長編アニメーションの制作に挑戦します。
長編アニメーションが制作できる体制を整備し、そのプロセスそのものが、PRとなり、コンテンツとなり、アニメ産業界に認知されることで、高知にアニメのシゴトが集積されることを目指します。

 

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 高知信用金庫 >
  3. ​ フィギュアづくりの秘密に触れる 南国キャラクターフェスティバル——高知アニメクリエイター祭・プロジェクトゼロ 2024年1月に本祭