送迎託児付き 地域の人材が子どもを育てる&預かる教室をオープン

~地域のシニア・ママ先生が子育て世代を支援する仕組みづくりをスタート~

株式会社子育て研究所(本社:東京都中央区、代表取締役:佐藤理香)は、2016年4月27日(水)に、送迎託児付き子どものおけいこ教室「アフェクション」を東京都内で開校いたします。
地域のシニアを中心とした人材が、子どもを預かり教育する仕組みで、地域で子どもを育てる&預かることが普通になる社会を目指します。


サービスURL http://www.affection-kids.jp/


「アフェクション」は、地域のシニアやママが先生となり、自宅の一部を開放し、自分の得意分野をメインとしたおけいこを実施、託児や送迎にも対応する教室です。
ユーザーは「アフェクション」を利用することにより、子どもには単に預けられるだけではない教育や異世代間交流という付加価値を、親御様にはご自身のための時間を、地域の人材には収入と社会貢献の機会を提供します。

-------------------------------------------------------------------------------------------------------
■サービス開始の背景


<1>児童虐待の約6割は母親、地域からの孤立が一因

児童虐待は8万件超で過去最高。このうち、地域との接触がほとんどなかった家庭は41%で、虐待は地域からの孤立も一因だと分析されています。虐待の約6割は母親によるものということを背景に、母親の育児負担の軽減が必要だと考えます。数時間でも子どもを預ける先が近所にあることが、母親の育児負担軽減にダイレクトに貢献します。

                                 厚生労働省調べ、H26年

<2>地域のつながりの希薄化

地域のつながり、近所のつながりが希薄になったと言われています。自治会や町内会の加入率も下がっていて、地域のつながりは面倒だと考える人もいます。その反面、災害の際には必ずクローズアップされる地域の力。安全や防犯、環境整備など、地域が担う役割は多分にあります。核家族化が進み助けの少ない育児をする母親、少子化で兄弟も減り異世代との対話も少なくなっている子どもたち、リタイアして時間がある中高年。おけいこという切り口で人と人とのつながりを定期的にもち、関係を深化させたいと考えます。


■開校する教室
2教室をオープンします。

  • 子連れママ先生による託児付き野外英語教室(東京都新宿区)
  • シニア先生による送迎託児付き自宅英語教室(東京都杉並区)


上記の他、東京都において、豊島区1教室、新宿区1教室、板橋区1教室、杉並区1教室、多摩市1教室、神奈川県において、横浜市1教室を準備中です。いずれもシニア先生・ママ先生が近所のお子様におけいこをし、送迎や託児をいたします。


■教室の特徴
地域の先生が、保育園や幼稚園、小学校の送迎をはじめ、おけいこ、おけいこ後の託児までワンストップで行う教室です。お子様の送迎と託児は先生の有償ボランティア活動として行われるため、事業ではなく地域貢献活動として実施されます。

 

■今後の展開
東京近郊を中心に教室開校をスタートし、全国に展開します。
2016年5月にシニア先生専用のセリフ付き幼児教育教材「のびのびぐんぐんプリント」をリリースします。
これにより、より多くのシニアが先生となり、地域の子育て世代をサポートする仕組みを整えます。

-------------------------------------------------------------------------------------------------------

■会社概要
商号: 株式会社子育て研究所
代表者: 代表取締役 佐藤理香
所在地: 〒104-0061 東京都中央区銀座6-13-16銀座WallビルUCF5階
設立: 2016年4月
事業内容: おけいこ教室・文化教室の運営管理、出張教育、企画編集デザイン
URL: http://www.affection-kids.jp/about/

■本件に関するお問い合わせ先
企業名:株式会社子育て研究所
担当者名:佐藤理香・宮林咲子
TEL:恐れ入りますがメールでご一報いただければ、担当からお電話いたします。
Email:info@affection-kids.jp
  1. プレスリリースTOP
  2. 株式会社子育て研究所
  3. 送迎託児付き 地域の人材が子どもを育てる&預かる教室をオープン