「新感覚ホラー×サンシャイン水族館(仮称)」開催決定・・・

お化け屋敷プロデューサー五味弘文氏とコラボ決定!!

サンシャイン水族館(東京・池袋、館長:丸山克志)では、2016年10月1日(土)~10月31日(月)の期間中、お化け屋敷プロデューサー五味弘文氏とコラボレーションした、水族館の特性を活かした今までにないお化け屋敷のような「新感覚ホラー×サンシャイン水族館(仮称)」を開催します。
本企画は、お化け屋敷プロデューサー五味弘文氏とコラボレーションし、水族館の特性を活かした視覚・聴覚で「恐怖」を体験できる内容となっており、サンシャイン水族館としては初めての試みとなります。癒しの空間から一転?!思わず鳥肌が立つような「恐怖」を楽しむ、今までにない水族館にご期待下さい。
 

http://www.sunshinecity.co.jp/aquarium/


▶五味弘文氏(お化け屋敷プロデューサー)プロフィール

お化け屋敷プロデューサー五味弘文氏お化け屋敷プロデューサー五味弘文氏

1992年、後楽園ゆうえんち(現 東京ドームシティ アトラクションズ)において、『麿赤兒のパノラマ怪奇館』を開催し、大きな反響を呼ぶ。以降、お化け屋敷にオリジナルの「ストーリー」を持ち込み、お客様に「ミッション」「役割」を担わせることでそのストーリーに参加させるスタイルを確立する。その後も、赤ん坊を抱いて歩く『赤ん坊地獄』、手錠に繋がれて歩く『恐怖の手錠地獄』、本物の廃屋を移築してお化け屋敷にした『東京近郊A市〜呪われた家』、靴を脱いで体験する『足刈りの家』、死者と指切りをする『ゆびきりの家』など、様々な設定のお化け屋敷を作り続けている。著書に、『人はなぜ恐怖するのか?』(メディアファクトリー)、『お化け屋敷になぜ人は並ぶのか』(角川oneテーマ21)、小説『憑き歯〜密七号の家』(幻冬舎文庫)がある。
    

▶イベント概要
イベント名:五味弘文氏コラボレーション企画 新感覚ホラー×サンシャイン水族館(仮称)
開催期間:2016年10月1日(土)~10月31日(月)
会場:サンシャイン水族館
営業時間:18:30~21:00 ※最終入場は終了1時間前 ※水族館の通常営業は18:00までとなります。


▶サンシャイン水族館 概要
所在地:東京都豊島区東池袋3-1 サンシャインシティ ワールドインポートマートビル・屋上
営業時間:10:00~20:00(4月~10月)  10:00~18:00(11月~3月)
     ※最終入場は終了1時間前  ※営業時間が変更になる場合がございます
入場料金:大人(高校生以上)2,000円、こども(小・中学生)1,000円、幼児(4才以上)700円、


▶お客様からのお問い合せ先
サンシャイン水族館 TEL.03-3989-3466
 

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社サンシャインシティ >
  3. 「新感覚ホラー×サンシャイン水族館(仮称)」開催決定・・・