プレスリリース・ニュースリリース配信サービスのPR TIMES
  • Top
  • テクノロジー
  • モバイル
  • アプリ
  • エンタメ
  • ビューティー
  • ファッション
  • ライフスタイル
  • ビジネス
  • グルメ
  • スポーツ

PR TIMESのご利用について

資料をダウンロード

バタフライボード株式会社
会社概要

ホワイトボードの再発明!『バタフライボード』が米クラウドファンディングIndiegogoのデザインカテゴリーで目標金額達成。

バタフライボード株式会社

Makuakeにて目標金額を大きく上回る資金調達に成功にしたバタフライボードが、米クラウドファンディングのIndiegogoで目標金額を達成。日、米のクラウドファンディングの成功により、本格的な世界展開をスタート!

この度、いつでも、どこでも、だれとでもを実現するホワイトボード、バタフライボードが米クラウドファンディングIndiegogoで$20,000の目標金額を達成致しました!

ロボティクス、IoT、人口知能などの先端技術を利用して問題解決することを職務としていた私達は、ロボットや人工知能の進化により、働き方が大きく変化すると言われている事を痛感。これら技術と共存し、より良い生活を実現するためには、多様性、専門性のある人との出会いの中から、共通の課題を可視化し、コミュニケーションすることで生まれる『創造力』が必要になます。その時代に沿ったツールとして、バタフライボードを具現化致しました。

そして、5,000人以上の顧客へバタフライボードを届け、最も多かった要望は、超極細マーカーでした。しかし、世の中にはほぼ存在しないことがわかり、国内大手文具メーカー数社に開発依頼をしましたが、市場性がないため断られました。大手メーカーでできないのであれば、自ら顧客と資金を集め市場を切り開く事を決意し、日本の職人技術を持つパートナーと極細マーカーの開発に着手。長期間の試行錯誤により開発に成功。Made in Japanであるバタフライボードと超極細ホワイトボードペンシルを組合せ、新市場創出に向け世界展開致します。

バタフライボードのキャンペーンページ:https://igg.me/at/butterflyboard

 

 


【プロジェクト概要】
キャンペーン期間:
日本時間 2016年10月27日(木) 1:00am〜12月26日(月) 4:00pm
(アメリカ時間 2016年10月26日(水) 9:00am〜12月25日(日) 11:59pm)

目標達成金額:
$20,000

支援金額及びリターン:
$39  バタフライボード1セット+マーカー4本
$76  バタフライボード2セット+マーカー8本
$189   バタフライボード5セット+マーカー20本
$899   バタフライボード25セット+マーカー100本
 

 


【バタフライボードについて】
ホワイトボードは思考のスピードや豊かな表現力で、アイデアを誘発し、アイデアのプロトタイプを開発できる優れたツールです。しかし、決まった時間、同じ場所、1人では、良いアイデアは生まれません。この課題をバタフライボードが解決します。


<バタフライボード5つの特徴>
1. Portable(携帯性)


従来のホワイトボードとは異なり、バタフライボードはどこへでも持ち運びが可能です。A4大学ノートより薄くて軽い(4mm, 216g)ので、オフィスやカフェ等の屋内だけでなく、公園やキャンプ等、アウトドアでもあらゆる場所で、アイデア創出に活用できます。

 


2. Scalable(拡張性)


バタフライボードのページ間を隙間なくフラットにつなげ、無限に増やすことが可能です。また、不要な凸部分やリングを無くしながらも、リングノートの様に360°回転させることができます

 

 
3. Flexible(柔軟性)


バタフライボードを引き離すとページが分離するため、ページの入れ替えや、狭いデスクでも十分なスペースを確保することができます。



 



4. Sharable(共有性)


一人で使用する際はノートの様に利用し、人が集まれば、テーブルや壁にバタフライボードを並べて、自由にアイデアの共有が可能です。



 



5. Searchable(検索性)


バタフライボードに書いたものを写真に撮ってデジタルで残すことが可能です。スキャンアプリとクラウドサービスの進化により、いつでもどこでも閲覧ができます。






【世界展開にあたって】
今回のIndiegogoキャンペーンを通して、Made in Japanのバタフライボードと0.5mm超極細ホワイトボードペンシルが世界の人々に受け入れてもらえる事がわかりました。今後はさらに多くの方へバタフライボードを届け、世界中のユーザーからフィードバックを元に、更なる製品開発を加え、IoT化を見据えたアナログとデジタルが究極に融合したプラットフォームを実現させたいと思います。

【バタフライボード関連リンク】
キャンペーンページ:https://igg.me/at/butterflyboard
公式ホームページ:http://www.butterflyboard.jp/
Facebook:https://www.facebook.com/butterflyboard/
Instagram:https://www.instagram.com/butterflyboard.jp/
Twitter:https://twitter.com/butterflyboard
 

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります

メディアユーザーログイン既に登録済みの方はこちら
メディアユーザー新規登録無料

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。※内容はプレスリリースにより異なります。

すべての画像


種類
商品サービス
ビジネスカテゴリ
日用品・生活雑貨
関連リンク
https://igg.me/at/butterflyboard
ダウンロード
プレスリリース素材

このプレスリリース内で使われている画像ファイルがダウンロードできます

会社概要

バタフライボード株式会社

6フォロワー

RSS
URL
http://www.butterflyboard.jp/
業種
製造業
本社所在地
神奈川県横浜市青葉区美しが丘5-29-48
電話番号
-
代表者名
福島英彦
上場
未上場
資本金
500万円
設立
2017年07月
トレンド情報をイチ早くお届けPR TIMESを友達に追加PR TIMESのご利用について資料をダウンロード