朝日放送グループのABCフロンティアHDとViibar、 DIY動画メディア「LYKKE(リッケ)」のサービス提供を発表

—動画で家ナカの新たな価値を提案、人々の毎日を豊かにー

朝日放送グループの株式会社ABCフロンティアホールディングス(本社:東京都中央区、代表取締役社長:竹田 直彦)と、株式会社Viibar(ビーバー、本社:東京都品川区、代表取締役:上坂 優太)は、DIY動画メディア「LYKKE(リッケ)」を立ち上げ、共同で運営していくことをお知らせします。

LYKKE」の共同出資・運営について

ABCフロンティアホールディングスとViibarは共同で出資・運営を行い、動画メディア「LYKKE」を2018年3月にプレオープン、7月より本格始動いたします。本サービスは家ナカの時間をもっと快適に楽しく過ごしたいと思っている人に向けて、簡単なDIYから部屋のデザイン、こだわりリフォーム、ライフハック、収納術まで、家ナカを素敵にするアイデアや工夫を、動画で伝える目的で立ち上げました。

運営に当たっては、Viibarの動画メディア運営やコンテンツ制作のノウハウで、インターネットとモバイル領域のコミュニケーションを強化します。併せて、朝日放送グループの持つ放送番組やイベント等を活用し、インターネットや地上波放送など様々な環境で支持される動画メディアの構築を共に進めてまいります。


動画メディア「LYKKE」とは
暮らしを豊かにするDIYアイデアやライフハック術を紹介する動画メディアです。家に興味がある20代・30代の女性をメインの対象としたオリジナルの動画コンテンツを、SNS公式アカウントで配信しています。また、Instagramの新機能「IGTV」に対応した縦型フォーマットでの配信も開始します。 ※本年7月よりYouTubeの配信スタート、来年にはWebサイトやアプリを開始予定。

「LYKKE」はデンマーク語で「幸せ」という意味。"見た人が毎日をより幸せに過ごせるように"という想いが込められています。多様な動画コンテンツでは、DIYアイデアを通じて「作ることの楽しさ」や「作ったものがある生活の心地よさ」という新しい価値の提案をします。また、なかなか能動的になれない家ナカの課題や改善点に対して「これなら自分でもできそう」「すぐにやってみたい」と前向きな姿勢になれるライフハック術を紹介します。
今後「LYKKE」は、人生の大半を過ごす住まい・暮らし領域の動画メディアとして、家ナカの新しい価値を提供することで、人々の毎日が豊かになる世界を作っていきます。

 


株式会社ABCフロンティアホールディングスについて
朝日放送グループの放送関連事業の成長・拡大を目指し、朝日放送からアニメ事業、海外事業、ライセンス・物販事業をそれぞれ分社化し、それらの事業会社を取りまとめる中間持株会社として2016年7月に開業。自社事業として、「グループ成長の柱のひとつとなれる事業を創り出す」をミッションに、新規事業の創造にも挑戦しています。
・企業サイト:http://abc-frontier.co.jp

株式会社Viibarについて
「動画の世界を変える。動画で世界を変える。」をミッションに掲げ、動画マーケティング、動画メディアの2つのサービスを展開しています。動画マーケティングでは、ブランドが抱えるビジネス課題を解決するため動画を軸としたマーケティングソリューションを提供。動画メディアでは、自社メディア「bouncy(バウンシー)」の運営や、放送局・ネット企業・新聞社などパートナーの動画メディアを開発・運営しています。
・企業サイト:https://viibar.com
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社ABCフロンティアホールディングス >
  3. 朝日放送グループのABCフロンティアHDとViibar、 DIY動画メディア「LYKKE(リッケ)」のサービス提供を発表