シングルマザーが取材執筆!ひとり親で育った子ども達の声を伝えるプロジェクト、クラウドファンディングを開始

大人になった今だからこそ言える母への手紙を集めた冊子・インタビューサイト制作

『シニア同居型・シングルマザー下宿』を東京都世田谷区にて運営する、シングルズキッズ株式会社(本社:東京都世田谷区、代表取締役:山中真奈) は、2019年10月18日よりクラウドファンディングプラットフォームCAMPFIREにてシングルマザーの制作者と共に進める『ひとり親家庭で育った子どもの声を届けるインタビューWEBサイト&冊子をつくるプロジェクト』を開始、11月5日ロゴと出来上がりイメージを公開しました。

 

 

 



【背 景】
平成27年国勢調査では日本の人口約1億2709万人に対し、15歳未満のこどもの数は約1588万7千人、そのうち約262万人、17%のこどもが 『シングルズキッズ』 として、ひとり親世帯で暮らしています。平成23年国勢調査ではひとり親の世帯数は146.1万世帯。(母子家庭123.8万世帯、父子家庭22.3万世帯)

20代~50代のシングルズキッズとして育った方たちへの独自アンケート調査(約50件)では、一人で過ごす時間が多い、男性が苦手になった、習い事を我慢するなど、今まで知られていなかった回答が集まっています。


①母子家庭が抱える課題
仕事と育児の両立・衣食住と経済・養育費未払いが8割・孤立、孤独・DV被害による心のケア・この先への不安(自身が倒れたら一人で育てられるか?等)

②社会に知られていないシングルズキッズたちの課題
アンケート結果一部…

・金銭面で絶対的に不利。親が正社員をしながらアルバイトをしている姿は見ていて辛かった。
・小学生の時、親の帰りが遅く、一人で家で待ってるのが心細かった。
・風呂なしだったので、2~3日に1度の入浴
・小学4年でいじめにあったが、母は忙しく家族の誰にも言えなかった。
・父の職業についてや、父親との参加競技、父の日の家族の絵などに困った

 

 

※11月は厚生労働省の虐待防止月間ですが一部虐待の声も寄せられています。

・思い通りにならないと直ぐに感情的になって殴られた

・虐待 給食でしかお腹いっぱいになれなかった

 

□厚生労働省ホームページ

https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000194356_00001.html

 

 


 【事業の目的】
こういった知られていない声、状況があるため、

①シングルズキッズたちからのシングルマザー・シングルファザーへの感謝や尊敬の言葉を届け、不安を払拭

②知られていない子ども達の声を伝え、反映される政策や住宅、仕組みに活用していく

以上2つを、日本で唯一シングルズキッズ達の声をインタビューしまとめるWEBメディア、感謝の言葉を集めた冊子として制作、広げていきます。


【製品・サービスの概要】
・シングルズキッズへのインタビューWEBサイト(2019年12月オープン)
・シングルズキッズ達からの親御さんへの感謝への手紙集(A5冊子)
*制作をシングルマザーが行います。


■クラウドファンディング(CAMPFIRE)
https://camp-fire.jp/projects/view/197100
 

■プロジェクトの流れ
*2019年*
10月 クラウドファンディングスタート
11月~ シングルマザーによるHP製作・取材開始 
(シングルズキッズとして育った大人へのインタビューは11月12日13時半~、14日15時~行います。取材可能です)

12月~ HPオープン・順次、記事掲載
※すべての記事掲載完了まで2年のプロジェクトです

*2020年*
1月~ 冊子製作打合わせ開始
3月~4月ごろ 冊子製作・印刷・配布開始

 

▼企業様向け  協賛募集のお願い 公開資料
https://drive.google.com/open?id=1qLV87Zi4-FhJvDbOd9s_rSMNVI3h6Eg6


▼シングルズキッズ株式会社 ホームページ
http://singleskids.jp/

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. シングルズキッズ株式会社 >
  3. シングルマザーが取材執筆!ひとり親で育った子ども達の声を伝えるプロジェクト、クラウドファンディングを開始