クラウドメール配信システム「WiLL Mail」、メール配信システム市場において売上成長率3年連続1位を達成!

2018年度の売上成長率予測においても1位。

株式会社サパナ(本社:東京都品川区、 CEO:えとうあきら)は、株式会社ミック経済研究所(本社:東京都港区、社長:有賀 章)が発刊する市場調査資料「クラウド型CRM市場の現状と展望 2018年度版」のEメール大量配信システム市場において、当社のメール配信システム「WiLL Mail」が2017年度 売上成長率1位となり、実績ベースで2年連続、2018年度の見込みを踏まえると通算3年連続1位であることがわかりましたので発表します。
【成長率調査の集計内容】
今回の調査では、主要クラウドメール配信システム提供各社の、売り上げ伸長率が公表されました。この調査結果、「WiLL Mail」の2017年度の売上成長率、2018年度の売上成長率見込みが1位であることがわかりました。「WiLL Mail」は2017年度において市場の平均成長率に対し1.4倍近くの成長率となり、実績ベースで2年連続で成長率1位、2018年度の見込みを踏まえると3年連続1位を達成いたしました。


【3年連続成長率1位達成に対する見解】
多くのメール配信システムは、一斉メルマガ配信用として2000年代にサービスが開始されている一方、サパナ「WiLL Mail」は、市場でスマートフォンがフィーチャーフォンの契約数を上回った2014年にリリースしたため、スマホ対応、マルチデバイス対応を予め想定した標準機能を搭載し、安価に市場のニーズに応えることが出来ていると認識しています。

2017年度のメール配信システム市場は、主要企業間でのサービス買収という大きな動きがあったものの、サパナ「WiLL Mail」が単体サービスとして3年連続成長率1位を達成していることにも、市場ニーズへの合致を実感しています。

なお、詳細のデータにつきましては、株式会社ミック経済研究所にて「クラウド型CRM市場の現状と展望 2018年度版」をお買い求めください。( http://www.mic-r.co.jp

【株式会社サパナについて】
継続利用率99%を誇る次世代メール配信システム「WiLL Mail」を含むWiLL Cloudシリーズの企画、開発、運用を行うITベンチャー。「WiLL Mail」は、ASPIC主催の「ASPICクラウドIOTアワード」を2015年から2018年まで通算4年連続で受賞。

【WiLL Cloudの主な導入先】
株式会社アマナイメージズ、株式会社IMAGICA Lab. 、株式会社エアークローゼット、株式会社オープンハウス・ディベロップメント、株式会社コロンビアスポーツウェアジャパン、株式会社博報堂アイ・スタジオ、花キューピット株式会社、株式会社ビーグリー、株式会社ファンコミュニケーションズ など

【会社概要】
会社名: 株式会社サパナ
URL: https://willcloud.jp
本社所在地: 東京都品川区南品川2-4-1 品川YMDビル9F
代表取締役: えとうあきら                                  
設立: 2010年3月
事業概要 : マーケティング・クラウド「WiLL Cloud」の開発・運用
お問い合わせ先: info@sapana.co.jp

電話: 03-6433-1303
  1. プレスリリース >
  2. 株式会社サパナ >
  3. クラウドメール配信システム「WiLL Mail」、メール配信システム市場において売上成長率3年連続1位を達成!