「第2回 日本財団DIVERSITY IN THE ARTS 公募展」作品募集!

障害のあるアーティストを発掘し発信!

日本財団 DIVERSITY IN THE ARTS(ニッポンザイダン ダイバーシティ・イン・ジ・アーツ)は、昨年に続き、「第2回 日本財団 DIVERSITY IN THE ARTS公募展」を開催、障害のあるアーティストから作品を募集いたします。
日本財団 DIVERSITY IN THE ARTS は、誰もが参加できるインクルーシブな社会の実現を目指し、障害のある方のアート活動を中心に多様性の意義と価値を広く伝え、越境や交錯、交歓の喚起を導くプロジェクトに取り組んでいます。

 


この公募展は、2018年度より始動しており、障害のある方が制作した過去に受賞歴のない作品を募集します。昨年度は、国内外から、2,256点の応募がありました。絵画、イラスト、グラフィックデザイン、書、写真、造形など。素材やテーマは自由です。国内の募集期間は、2019年9月1日(日)~20日(金)迄、最終審査は10月中旬頃を予定しています。

同展は、決して「障害」という言葉だけで括ることができない彼等の「特性」や「個性」の豊かさを知り、“良いものは良い”と感じることができ、多様性を認めあえる社会の実現につながる大きなキッカケになるものと考えています。

審査は、7名の美術家や美術関係者が、各々の領域の知見で作品を選定します。また、入選作品は、昨年度同様、東京・横浜のギャラリーでの公開を予定しています。既成概念や美術史などに影響されない、心揺さぶるような作品のご応募をお待ちしています。

お問合せ先
一般財団法人 日本財団DIVERSITY IN THE ARTS
TEL.03-5577-6627 
e-mail:info@diversity-in-the-arts.jp

募集要項はこちら https://www.diversity-in-the-arts.jp/
 

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 一般財団法人 日本財団 DIVERSITY IN THE ARTS >
  3. 「第2回 日本財団DIVERSITY IN THE ARTS 公募展」作品募集!