新型コロナウイルスで求められるBCP(事業継続計画)対策に!製造業向け 商品情報管理システム『Pimlus2020』、新機能追加でリニューアル提供を開始

データ管理からメディア制作、承認までクラウド型PIM-CMSでテレワークを実現

カタログ制作の老舗 株式会社あかがね(本社:大阪府堺市、代表取締役:今西理宏)が手掛けるクラウド型PIM-CMSの『Pimlus(ピムラス)』は、API連携・承認業務の簡略化・リモート環境でのデータ管理などの新機能が加わり、『Pimlus2020』としてリニューアル提供を2020年5月より開始しました。PIM(商品情報管理)を中心としたWeb・ECへのデータ連携、カタログの自動組版・翻訳・業務代行のワンストップソリューションとして、最新の商品情報をメンバー間で共有し、市場への一貫した商品情報の発信と販売拡大をサポートいたします。

◇製造業向け 商品情報管理システム「Pimlus」
URL:https://pimlus.com/

Pimlus(ピムラス)公式サイトPimlus(ピムラス)公式サイト

 


■ 新型コロナウイルスによる販促ツール制作現場への3つのリスク
コロナウイルスの感染防止対策として緊急事態宣言の発令に伴い、政府よりテレワーク実施の推進要請がありましたが、それほど浸透はしませんでした。パーソル総合研究所が実施した「新型コロナウイルス対策によるテレワークへの影響に関する緊急調査」によると、4月中旬時点でテレワークを実施したのは、緊急事態宣言地域の7都府県で38.8%、東京都に限れば49.1%(3月中旬は23.1%)であり、7割減には程遠い結果でした。

容量の大きいカタログデータは、通常社内サーバーなどに保管されていますが、今回のような不測の事態により、「担当者の感染による業務停止」「外部委託先の事業継続リスクによるデータ消失」「非対面営業による営業ツールの変化」などのリスクが生じます。つまり、「担当者だけが知っていればよい」「外部委託先に任せておけばよい」といったデータ管理体制は大変危険であると言えます。『Pimlus2020』は、すでにお持ちのシステムyECサイトへとデータを連携できるAPI機能が利用可能です。また、承認業務の簡略化として、これまで社内で行ってきたカタログのレイアウト構成や校正、翻訳等から承認を含む業務工程のすべてを拠点や場所に依存せずに行えるようにしました。さらに、データは常に最新状態で維持することで、ヒューマンエラーによる古いデータや間違ったデータの流出も防ぎます。

商品情報の一元化を行うことで、複数の言語でのカタログ・Webサイト更新に6ヶ月かかった社内工数を、3ヶ月に短縮した実績もあります。テレワークの今だからこそ、安心・信頼のサポートで、販路拡大を見越した経営戦略をご検討ください。


■『Pimlus2020』なら次世代データ管理を実現!
PIM構築、外部システム連携、自動組版機能、カタログ制作、多言語翻訳、データマネジメントサービスといった カタログやWebサイト、ECサイトなどのマルチメディアの販促物を制作するためのプラットフォームを提供します。


《新機能》
  • API連携 : すでに導入されている基幹システムやECサイトへのAPI連携。
  • 承認業務の簡略化 : カタログやWebサイトの内容 / 構成 / 校正等の意思決定が必要な際に上司や責任者が不在。または、リモート勤務の場合にも承認可能なシステムに変更可能。
  • リモート環境での作業/データ管理 : BCP対策としてすべてのデータ管理 / 業務をクラウド上で行うことが可能。


■ 社内工数を50%に削減する 充実の機能と手厚い業務代行
◇コスト削減の3つのアプローチ
  1. コミュニケーションコストの削減 : テキストや画像といった社内に散在する素材データを一元的に管理。他部署への依頼や説明など、コミュケーションコストを削減します。
  2. 作業コストの削減 : 複数の素材データが社内に散在している場合に発生するデータの加工作業が不要。情報の整合性をとるためのマージ作業も不要になります。
  3. 校正コストの削減 : 登録データはプログラムでWeb連携やカタログの組版を行うため、ヒューマンエラーを防止でき、結果として工数を大幅に削減することができます。

 

◇ 多くのコスト削減実績
社内工数を50%に削減。
充実の機能と手厚い業務代行でカタログ制作にかかる6ヶ月の社内工数を、3ヶ月に短縮。
  1. 制作人数65%に削減
  2. 外注費50%以下に削減
  3. 残業時間50%以下に短縮
  4. 紙・WEB情報乖離なし
  5. 海外展開  日英中同時公開
  6. Webブラウザからアクセス可能



■ Pimlusが提供するワンストップソリューション
◇ PIM構築 / システム連携
お客様の要望や事情に合わせてカスタマイズ構築
既存の基幹システムから『Pimlus2020』へのデータ自動連携、Web-CMSやECサイトへのAPI連携などを行います。

◇ 手作業オペレーション ラストワンマイルサービス
削減しきれない手作業業務をアウトソーシング可能に
実は手作業によるオペレーション業務をすべて削除することは難しいのが実態です。たとえば設計が作ったWordの仕様書や画像などの素材データをカタログ用に加工し、そのデータを登録するといった業務や自動組版後に特定の商品だけ配置調整をしたいといったDTP業務などは当社のオペレーターへアウトソーシングすることができます。

◇ マルチメディア構築
カタログやWebなど成果物としてのメディア制作までを支援
PIMから出力されるデータをもとにカタログやWebサイトといったマルチメディアの制作を行います。特にカタログ制作では当社独自技術の次世代-自動組版機能により、従来の手作業によるカタログ制作よりも速くかつ高品質なカタログ制作を支援します。
 



■ 今後の流れ 専門スタッフが手厚くフォロー
知識と経験が豊富な専門スタッフがPIM導入に必要な諸業務を担当し、その後の情報運用・活用までワンストップでお手伝いします。抜群の製品力と安心・信頼のサポートをぜひこの機会にご体験ください。


■会社概要
会社名 : 株式会社あかがね
所在地 : 本社 大阪府堺市堺区今池町1-1-58
大阪支社 大阪府大阪市西区新町1-33-8 ISSビル4階
東京支社 東京都江東区木場5-12-8 KDX木場ビル4階
代表者 : 代表取締役社長 今西理宏
設立 : 1965年12月
資本金 : 2,000万円
事業内容: 各種マニュアルの作成システム構築、運用 大型(多頁)カタログの作成システム構築、運用 大量コンテンツの企画・制作 編集・翻訳ローカライゼーション、SP用CG映像企画、制作、中国市場向けSP支援
URL : https://akagane.co.jp/
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社あかがね >
  3. 新型コロナウイルスで求められるBCP(事業継続計画)対策に!製造業向け 商品情報管理システム『Pimlus2020』、新機能追加でリニューアル提供を開始