東京大学IHS監修、企業の異文化理解力・多文化共生力を可視化する「機微力検定」のインターネット受検がスタート(日英対応)

多様化する社会で活躍する人材=機微力の高い人材。2013年からの長年の研究・実証実験をもとに生まれた機微力検定は、今まで測ることのできなかったチカラを測定する画期的な検定です。

外国籍人材への採用・定着・育成支援事業を行う株式会社KIBI(千代田区神田佐久間町/代表取締役:山本洋平)はグローバル社会における異文化理解や多文化共生の促進を目的とした「機微力検定」のインターネット受検をスタートします。

<機微力検定とは>
「人の気持ちの些細な変化を察する能力」のスコア化を目的として、東京大学大学院博士課程教育リーディングプログラム「多文化共生・統合人間学プログラム」(IHS)監修のもと開発された能力測定テストです。
グローバル人材を目指す上で必要不可欠となるファクター「グローバル人材力」「異文化理解力」「多文化共生力」を網羅した問題設計で、総合的に機微力を測定することができます。

<機微力検定×ピープルアナリティクス>

人事(HR)領域における判断は、主観的な「勘」や「経験」など、俗人的で不確かな要素に依存する部分が大きいと言われています。企業に蓄積された”人”に関する様々なデータと機微力検定の結果を重ね合わせて分析することで、今まで見えづらかった能力を定量的に可視化し、社員がスキルや能力を最大限発揮できるタレントマネジメントを実現します。

ー下記のような多種多様なテーマへの活用が見込まれています。
「グローバル人事施策への反映」「People Analyticsコンサルティング」「多国籍チームビルディングへの  KIBI理論・機微力導入」「採用選考スクリーニングとしての全社導入」「海外赴任者選抜の定量的裏付け」「マネジメント層・リーダー層への  KIBI理論および機微力醸成研修」「部門ごとの組織診断および  組織改善コンサルティング」「日本人新入社員・若手社員への機微力醸成研修」「組織内イノベーションへのKIBI理論・機微力導入」

また、検定結果と共に”帳票の読み方”を納品します。これをもとに独自で分析を行って頂くことも可能です。機微力装着については、2月公式テキスト(理論編)を上昇予定。公式問題集はアプリで今夏リリース予定となっています。

機微力検定受検希望はこちらよりお願い致します。
https://kibi-lab.or.jp/kibiabilitytest/


株式会社KIBI 代表取締役 山本洋平
東京都台東区台東3-42-7 松田商事ビル2F(ワークオフィス)
設立:2018年4月2日 事業内容:外国人留学生・社員に向けた各種支援サービス

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社KIBI >
  3. 東京大学IHS監修、企業の異文化理解力・多文化共生力を可視化する「機微力検定」のインターネット受検がスタート(日英対応)