wolfSSL、cURLの統合を発表

報道関係者各位
2019年2月6日


wolfSSL、cURLの統合を発表

組み込み向けネットワークセキュリティ専門ベンダーのwolfSSL Inc.(本社:米国ワシントン州エドモンズ)は本日、cURLを統合することを発表しました。cURLにはデータ転送を行うオープンソースのコマンドラインツールとC言語で開発したライブラリがあり、世界で50億のインストール実績があります。今回の統合にあたり、cURL創設者兼チーフアーキテクトのDaniel StenbergもwolfSSL Inc.の一員として加わります。


cURLは、自動車、テレビ、ルーター、プリンター、オーディオ機器、スマートフォン、タブレット、セットトップボックス、メディアプレーヤーなどで使われており、数千のソフトウェアアプリケーションのインターネット転送バックボーンとして、毎日数十億人にデータを転送しています。

 wolfSSL創設者兼CEOのLarry Stefonicは次のように述べています。
「cURLは実に素晴らしい製品です。今回の統合をとても楽しみにしていました。wolfSSLユーザーの中にはcURLユーザーも多く存在し、両製品の統合によるメリットは即座に感じていただけると思います。」

統合に伴い、wolfSSLはcURLの年間サポート契約とコンサルティングサービスの提供を開始します。また、cURLは新たにIoT用の環境にもポーティングされ、FIPS(米国連邦情報処理規格)認証済みのcURLや非同期暗号によるcURLもラインナップに加わります。

wolfSSL CTOのTodd Ouskaは次のように述べています。
「TLS 1.3を含む当社のTLSとcURLをより密に統合できることに興奮しています。wolfSSLの専門スタッフによるグローバルサポートチームは、お客様からの問い合わせに規定時間内に対応し、cURLの商用利用を支援します。またwolfSSLコンサルティングチームによる特定のお客様向けインテグレーション、チューニング、ポーティング、機能追加なども可能となります。」

cURL創設者兼チーフアーキテクトのDaniel Stenbergは、次のように付け加えています。
「この度cURLのサポートを提供できるようになったことは、cURLのコミュニティ、商用ユーザーのどちらにも大きなメリットがあります。私個人はcURLの改善により多くの時間を費やすことができるようになるため、新しい機能をより速くコミュニティに提供できるようになると考えています。」

 cURLの商用サポートおよびコンサルティングサービスは、本日より提供を開始します。価格は info@wolfssl.jp までお問い合わせください。使用環境をお伺いしお見積もりいたします。

 wolfSSLの製品は、オープンソース版と商用版の2種類があります。デバイスや商用ソフトウェアにwolfSSL製品の採用を希望される場合、商用版のご契約が必要です。cURLプロジェクトのライセンスモデルは、これまで通りで変更はありません。


=====【展示会出展とセミナーのご案内】=====
wolfSSL Japan合同会社は、本日2月6日から2日間、吹上ホールで開催のET/IoT Technology 名古屋に出展いたします。

ブース出展: K25
https://www.wolfssl.jp/wolfblog/2019/01/11/et-nagoya/?i=r

セミナー:
「動き出したTLS1.3とハードウェア・セキュリティ」
2月6日(水)15:15~16:00
===================================

wolfSSLについて
wolfSSL Inc.は、米国ワシントン州エドモンズに本社を持ち、組み込みシステム向けに軽量なセキュリティライブラリを提供しています。スピード、サイズ、移植性、機能、標準への準拠にこだわり、自社の専門エンジニアが開発、サポート、コンサルティングを行っています。2004年の創業以来1,000社を超える採用実績OEMカスタマーに採用されています。

社名と同名の組込み向けTLSライブラリであるwolfSSLは、世界初のTLS1.3商用版です。

wolfSSL Japan合同会社では技術サポートセンターを東京に持ち、専任スタッフによるサポートサービスを提供しています。


【お問い合わせ先 】
wolfSSL Japan合同会社 担当: 須賀
Email: info@wolfSSL.jp
TEL: 050-3698-1916
https://www.wolfssl.jp
https://twitter.com/wolfSSL_Japan
  1. プレスリリース >
  2. wolfSSL Japan合同会社 >
  3. wolfSSL、cURLの統合を発表