次世代サイバーセキュリティ企業CHEQ、米国のデジタル広告詐欺は巧妙化している

ミリタリーレベルのサイバーセキュリティを提供するCHEQが実施した調査により、米国のデジタル広告詐欺の6割以上が巧妙化(SIVT)していると判明。

ミリタリーレベルのサイバーセキュリティを提供する企業CHEQ AI Technologies Ltd(以下CHEQ)は、米国のデジタル詐欺広告のうち62%が巧妙化していると発表しました。2019年1月から5月の間、米国の120万ドメインで出された61億の広告リクエストを対象とした調査で、全体の13%が詐欺であったことが確認されました。

これら詐欺広告のうち、62%は、一般的な無効トラフィック(GIVT)ではなく、より高度で悪意ある方法によって、広告のエコシステムを欺こうとする巧妙化した無効トラフィック(SIVT)であることが判明しました。GIVTは、IPやユーザーエージェントのブラックリストを用いた単純な方法で回避可能ですが、SIVTの予防にはOSやデバイスの指紋認証、動的なハニートラップ(ボットトラップ)およびネットワーク動向分析といった、より複雑な機能が必要となります。

CHEQは、この調査により、ドメイン・マスキング、無効リファラルおよびビューアビリティ詐欺といった詐欺手口を複合的に組み込んだ高度なSIVT手法を4億8千万件以上確認しました。その他に多かった手法は、閲覧者が視認することができない広告を隠れたiframe内に表示するドメイン・スプーフィングや、ロケーションデータの操作や偽装でした。

全体として、CHEQは7億8千600万の複合GIVTやSIVT広告リクエストを事前に検知し、詐欺が実行される間にブロックしています。

イスラエル軍におけるサイバーセキュリティのスペシャリストであったCHEQ創設者兼CEOガイ・ティトノヴィッチは、「米国の多くの広告サービス企業は、自社が比較的単純で基礎的な攻撃に侵されていると信じていますが、実際の詐欺は非常に複雑化してきています。クリック・ジャッキング、ドメインおよびデバイス・スプーフィング、ゾンビ・ネットワークを含むオンライン広告詐欺の手法が増加するにつれて、多くの場合において往来のアドベリフィケーションソリューションは効果を成しません。我々は、広告リクエストごとにリアルタイムで700以上のパラメータを適用することによって、遥かに多くの複雑化した詐欺を発見でき、常に進化しているネット犯罪者たちの巧みな詐欺ゲームを暴いています。」と、述べています。

その他の主な調査結果:
●米国のネット詐欺は、デスクトップ上が43%で、モバイルが49%となっています。
●モバイル広告詐欺は、Androidが52%、iOS が48%という割合となっています。
●広告詐欺の各ブラウザ別の割合は、ブラウザのシェア49%を誇るChromeが広告詐欺全体の40%を占め、マーケットシェアの31%であるSafariは19%、マーケットシェア5%のFirefoxは4%、同じくマーケットシェア5%のInternet Explorerが3%を構成しています。


CHEQについて
世界的なサイバーセキュリティ会社であるCHEQは、高度なAI 自動制御技術を用いたブランドセーフティのパイオニアで、世界有数のブランドに対するデジタル広告の支出を保護しています。東京、ニューヨーク、およびテルアビブにオフィスを構え、ミリタリーグレードのAIを導入してブランドの安全性、広告詐欺、およびビューアビリティについて革新的なソリューションを展開、アドベリフィケーションのテクノロジーを変革しています。バッテリー・ベンチャーズによる支援を受け、オンライン広告のリスクから広告主を保護すると共に、デジタル広告スペースの信頼を回復することによって、デジタル・エコシステムの保全に寄与することを企業ミッションとしています。

詳しくはこちらのサイトをご覧ください。 https://www.cheq.ai/
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. チェク・ジャパン株式会社 >
  3. 次世代サイバーセキュリティ企業CHEQ、米国のデジタル広告詐欺は巧妙化している