車両のカラーデザインコンテスト「オートカラーアウォード2018」 横浜美術館にて12月7日・8日に開催! 〜展示車両は一般の方にも公開〜

一般社団法人 日本流行色協会(JAFCA、所在地:東京都千代田区、理事長:宮﨑 修次)は、優れた車両のカラーデザインを顕彰する制度「オートカラーアウォード2018」を開催いたします。

 

21回目の開催となる本年は、審査会と発表・表彰式を2018年12月7日(金)~8日(土)の2日間で行います。
オートカラーアウォードは、自動車やオートバイなど車両のカラーデザインの企画力や、形との調和を含むカラーデザインの美しさを評価する顕彰制度で、1998年からはじまりました。
車両のカラーデザインは、CMFG(カラー、マテリアル、フィニッシュ、グラフィック)、ライフスタイル、安全性などさまざまな分野を視野に入れプロダクトデザイン業界の最新技術を開拓し、デザイン開発を行っており、社会環境、経済、他の業界のデザインに対しても大きな影響力を持ちます。
オートカラーアウォードは、毎年最も魅力的な車両のカラーデザインを表彰し、その考え方や成果を他業界や社会とシェアする機会を創出することにより、日本のカラーデザイン全体の向上を目指しているものです。

今回ノミネートされたカラーデザインは15(25台/複数でのノミネートもあり)。審査によりこの中からグランプリが選ばれます。
会場となる横浜美術館前のファサードでは、2日間ノミネート車両が展示され、10:00~16:30の間、一般の方でも自由に見学することができます。各社こだわりのカラーデザインが並び、担当カラーデザイナーから直接話を聞くことのできる貴重な機会になりますので、是非お越しください。
またモニターによって、デザイナーのプレゼンテーションや表彰式を見ることもできます。
日本流行色協会のサイトでは、それぞれのカラーデザインの詳細やデザイナーのコメントも紹介されています。あわせてご覧ください。
https://www.jafca.org/ → セミナー・イベント → オートカラーアウォード2018ノミネート発表


■オートカラーアウォード2018 審査会 スケジュール
日時:
2018年12月7日(金) デザイナーによるノミネートカラーのプレゼンテーション        
2018年12月8日(土) グランプリ発表・表彰式
会場: 横浜美術館
(横浜市西区みなとみらい3丁目4番1号
みなとみらい線「みなとみらい」駅3番出口から徒歩3分)
URL : http://yokohama.art.museum/
※美術館前のファサードでは、2日間10:00〜16:30の間車両が展示されます。

オートカラーアウォード展示風景1オートカラーアウォード展示風景1



■オートカラーアウォード2018開催について
【参加メーカー】
スズキ株式会社/株式会社SUBARU/ダイハツ工業株式会社/川崎重工業株式会社/トヨタ自動車株式会社/日産自動車株式会社/株式会社本田技術研究所/三菱自動車工業株式会社/ヤマハ発動機株式会社

【主催】
一般社団法人 日本流行色協会 オートカラーアウォード2018実行委員会
公益財団法人 横浜市芸術文化振興財団

【後援】
国土交通省/横浜市文化観光局/日本商工会議所/東京商工会議所/(公社)日本インダストリアルデザイナー 協会/(一社)日本インテリアファブリックス協会/(公財)日本デザイン振興会/(一社)日本自動車工業会/日本自動車輸入組合/(一社)日本テキスタイルデザイン協会/(一社)日本塗料工業会/(一社)日本自動車販売協会連合会

【協賛】
旭化成株式会社/長瀬産業株式会社/東レ株式会社 ultrasuede/DIC株式会社/トーヨーカラー株式会社/大日精化工業株式会社/オー・ジー長瀬カラーケミカル株式会社/カシオ計算機株式会社/スミノエテイジンテクノ株式会社/セーレン株式会社/日本ペイント・オートモーティブコーティングス株式会社/BASFジャパン株式会社/松崎化成株式会社/武蔵塗料株式会社/ヤマックス株式会社

 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 一般社団法人 日本流行色協会 >
  3. 車両のカラーデザインコンテスト「オートカラーアウォード2018」 横浜美術館にて12月7日・8日に開催! 〜展示車両は一般の方にも公開〜