ファッションポケットが6億円のシリーズB資金調達を実施。調達総額は11億円に。ファッションAIを超えた総合AI企業への飛躍を受け、社名を「ニューラルポケット」へ。

シニフィアンが顧問に就任

 多様な画像AI解析技術を保有し、世界初のファッショントレンド解析事業やAIスマートシティー事業、サイネージ広告AI事業を展開するニューラルポケット株式会社(旧社名:ファッションポケット株式会社、本社:東京都千代田区、代表取締役社長:重松路威)は、本日、未来創生ファンド、シニフィアン、みずほキャピタル、SMBCベンチャーキャピタル、Deep30、他を引受先とした第三者割当増資を実施し、6億円の資金調達を実施致しました。これにより、複数の金融機関からの融資等も合わせた創業1年2ヶ月間での合計資金調達額は、11億円となります。

 同時に、ファッション領域を超えた事業拡大と成長を受け、アジアを代表するグローバルAI企業への飛躍を目指し、本日付けで社名を「ファッションポケット株式会社」から「ニューラルポケット株式会社」へと変更致しました。

 併せて、本日、シニフィアン株式会社(本社:東京都港区、共同代表:朝倉祐介氏、小林賢治氏、村上誠典氏)と資本業務提携を結び、同社が顧問に就任致しました。シニフィアンの保有する企業ネットワークや事業成長ノウハウを最大限に活かし、事業を一層加速して参ります。

■ 本発表の関係者からのメッセージ

【シリーズBリードインベスター】
スパークス・アセット・マネジメント株式会社 シニアヴァイスプレジデント 秋田一太郎氏
「ニューラルポケット社は、今後重要となる『実践的なAIの社会実装』に必要な要素を兼ね揃えた強力な経営陣と組織を有する稀有なスタートアップであると考えております。日本に限らず世界中の企業の課題解決にニューラルポケット社のサービスが活用され、ステークホルダー全員の利益が最大化される未来を祈願致します。」

【顧問】
シニフィアン株式会社 共同代表 朝倉祐介氏
「社会課題の解決に向けてAIを活用することの有効性、必要性が頻繁に指摘されていますが、その実現のためには、AIを単に特定用途に特化した単発のソリューションに終始させるのではなく、汎用的なサービスに発展させ、社会実装していく必要があります。また、既存産業が再定義を迫られる第四次産業革命において、存在感のある事業、産業を創出することは、日本社会にとって重要なテーマでしょう。高度な技術力とビジネスの遂行力を兼ね備えた稀有なチームで構成されているニューラルポケットは、こうした2つのテーマに率先して取り組むにふさわしいスタートアップだと確信しています。 ニューラルポケットの飛躍に向けて、シニフィアンも経営面でのサポートに取り組んでいきます。」

代表者プロフィール:シニフィアン株式会社共同代表 兵庫県西宮市出身。競馬騎手養成学校、競走馬の育成業務を経て東京大学法学部を卒業後、マッキンゼー・アンド・カンパニーに入社。東京大学在学中に設立したネイキッドテクノロジーに復帰、代表に就任。ミクシィ社への売却に伴い同社に入社後、代表取締役社長兼CEOに就任。業績の回復を機に退任後、スタンフォード大学客員研究員等を経て、政策研究大学院大学客員研究員。ラクスル株式会社社外取締役。株式会社セプテーニ・ホールディングス社外取締役。

■ ニューラルポケット(旧社名:ファッションポケット)について
 ニューラルポケットは、画像や映像を解析する独自のAI技術の研究開発と事業化を行っており、ファッション、スマートシティ、デジタルサイネージ(広告)におけるAI活用を通じた、未来社会の実現を目指しております。ファッション領域においては、世界初のファッショントレンド解析サービス「AI MD」を展開し、正確なトレンド把握に基づくワクワクする商品づくりと、洋服値引・廃棄の縮小を通じた顧客企業の収益およびESG向上に取り組んでおります。2019年シーズンにおいては、「AI MD」を用いた企画商品が全国2,000店舗超に展開されるなど、創業1年2ヶ月を経てサービスが飛躍的に拡大をしております。

会社名:ニューラルポケット株式会社
代表者:代表取締役社長 重松 路威
所在地:東京都千代田区有楽町一丁目1番2号 東京ミッドタウン日比谷 日比谷三井タワー32階
事業内容:AIエンジニアリングを通じた未来社会の実現
URL:http://www.neuralpocket.com
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. ニューラルポケット株式会社 >
  3. ファッションポケットが6億円のシリーズB資金調達を実施。調達総額は11億円に。ファッションAIを超えた総合AI企業への飛躍を受け、社名を「ニューラルポケット」へ。