WARC、新経営体制および「Co-WARC事業部」組織変更に関するお知らせ

株式会社WARC(本社: 東京都目黒区、代表取締役社長: 山本彰彦、以下「WARC」)は、成長企業の支援体制強化のため、2019年11月1日付で倉田直樹が取締役に就任するとともに、コンサルティング事業部を「Co-WARC事業部」に組織変更することをお知らせいたします。



■新経営体制
取締役 Co-WARC事業部・経営管理部 管掌
倉田直樹

<プロフィール>
2009年大和証券SMBC(現:大和証券)入社。未上場企業へのIPO、M&A等の提案業務に従事した後、ジーニー 執行役員 経営管理部長を経て、2015年にマイネットに入社。執行役員(事業開発担当)として、スマートフォンゲーム業界での事業買収、アライアンスを主導し、同社の東証マザーズ、東証一部上場を実現。2019年5月にWARC入社、同年11月に取締役に就任。

<コメント>
年間新規上場社数19社という氷河期にIPO業務に携わり始めてから10年、スタートアップ、ベンチャー企業を取り巻く環境が劇的に変化する過程を見てきました。その間、証券会社での上場準備支援、ベンチャー企業の管理部門での上場準備・資金調達実務、事業側での売上・利益の創出をそれぞれ経験してきました。これまで得てきた知見・経験を活かし、より多くの成長企業のご支援をしていきたいと考えています。
また、WARCは2019年1月から本格的に活動を開始し、10カ月で40人規模の会社に急成長しています。当社自体もスタートアップであり、優秀なメンバーと会社を作り上げていくことに、日々とてもワクワクしています。これからのWARCにぜひご期待下さい。


■組織変更
コンサルティング事業部について、従来型のコンサルティングではなく、クライアントと協働(co-work)しながらハンズオンで課題解決を行い、さらにノウハウ・仕組みをアセットとしてクライアントに残していく、WARCならではのコンサルティングのスタイルを表現するため、「Co-WARC事業部」に組織変更いたします。


■背景
近年、ベンチャー企業の資金調達額・社数は共に大きく増加しており、それに伴い数多くの会社が大きなチャレンジをする環境が整ってきました。今後、より多くのベンチャー企業が生まれ、より多くのユニコーン企業が日本から生まれてくることが期待されています。

WARCは「想いをカタチにできる世の中を創る」をミッションに、「個のビジョンの元にさまざまなプロフェッショナルが集まり、既存の枠組を超えてイノベーションを生み出していく働き方」「ひとりひとりが自分の志をカタチにし、日々ワクワクしながらチャレンジすることができる社会」を実現するため、CFO経験者が賛同し立ち上がった会社です。

イノベーションを起こしていくスタートアップから成長ステージのベンチャー企業のコーポレート領域を中心に、「コンサルティングサービス」「M&Aアドバイザリーサービス」「タレントエージェンシー(管理系人材紹介)」「投資」といった、企業成長をアクセラレートするサービスを提供していきます。


■️事業内容
<Co-WARC事業(コンサルティングサービス)>    
経営課題の解決から、経営管理体制の構築、財務戦略、採用戦略、IPO支援等、企業成長を支援する、あらゆる領域のコンサルティングサービスを提供します。戦略策定に留まらず、ハンズオンによる実行の支援、さらには、モニタリングの体制構築・成果の創出までサポートすることが特長です。事業会社出身者やコンサルティングファームにて数々の成長企業のIPO支援・コンサルティングサービス・M&Aを経験しているプロフェッショナルなメンバーが集まっています。

<M&Aアドバイザリーサービス事業>
従来型のM&A支援とは異なり、M&A戦略の立案からクロージング、更にはPMIまで一気通貫でサポートすることが最大の特長です。事業会社や投資銀行、コンサルティングファームにてM&Aを経験しているメンバーが集まっています。    

<タレントエージェンシー事業(管理系人材紹介)>
管理系人材紹介を専門としたエージェント事業です。各企業の成長フェーズにマッチした活躍できる人材の紹介が可能です。ベンチャー企業を中心に、企業の成長に大きく貢献してきたヘッドハンターが揃っています。

<投資事業>
事業の魅力・成長性などを加味し、ニーズに応じて積極的に投資を推進します。

これら複数の事業が互いに補完しながら相乗効果を生み出し、ベンチャー企業の成長をサポートします。
また、企業単位だけでなく、個人の「働く選択肢」を増やすような自社開発プロダクトの開発も進めています。


■経営メンバー

 

代表取締役社長 共同創業者
山本 彰彦(写真:左)

新日本有限責任監査法人、KPMG 有限責任 あずさ監査法人国際部を経て2012年より株式会社イグニス取締役CFOに就任。同社にてコーポレート部門の立上から全社的な組織構築を行い、2014年 東証マザーズ上場。その後、複数事業の立ち上げを経験し、2017年5月株式会社WARC設立、代表取締役に就任。公認会計士。

取締役 共同創業者
石倉 壱彦(写真:左から2番目)
KPMG 有限責任 あずさ監査法人国際部を経て、2013年より株式会社アカツキ経営管理部長に就任、2014年より監査役として同社の東証マザーズや東証一部への上場に貢献。2015年より株式会社3ミニッツ CFOに就任し、事業の立ち上げや組織設計に従事し、グリー株式会社との大型M&Aディールを成功させる。同社退任後、2018年11月より当社取締役に就任。公認会計士・税理士。

取締役
服部 浩弥(写真:左から3番目)
Ernst & Youngを経て、Citi投資銀行本部、KPMG東京、KPMGニューヨーク(駐在)にて通算11年、一貫してM&Aアドバイザリー業務に従事。クロスボーダー及び国内M&A案件のFA業務、各種バリュエーション(M&A目的の他会計目的PPA・無形資産評価、減損テストを含む)及び財務モデリングが専門。2019年1月よりWARC取締役に就任。公認会計士。


■会社概要
会社名:株式会社WARC
所在地:東京都目黒区下目黒2-19-6 F&Tビル4階
代表者:代表取締役 山本彰彦
設立:2017年5月
資本金:233,000,000円(資本準備金含む)
事業内容:Co-WARC事業(コンサルティングサービス)、M&Aアドバイザリーサービス事業、タレントエージェンシー事業


■お問合せ先
株式会社WARC 広報担当
TEL : 03-5496-5315
Email : info@warc.jp



 
  1. プレスリリース >
  2. 株式会社WARC >
  3. WARC、新経営体制および「Co-WARC事業部」組織変更に関するお知らせ