奈良県田原本町・ユニ・チャーム・BABYJOBが「子育て連携協定」を締結。田原本の子育て支援を強化。

BABYJOB株式会社(本社:大阪府大阪市、代表取締役会長:上野公嗣)は、ユニ・チャーム株式会社(本社:東京都港区)と協働し、保育所向け「手ぶら登園サービス」の運営を通じて地域の子育て環境の充実や町の子育て支援の向上を図るため、奈良県田原本町(町長:森章浩)と「子育て連携協定」を締結いたしました。

 

<背景>
BABYJOB株式会社(以下、当社)はユニ・チャーム株式会社と、紙おむつの定額制サービス:手ぶら登園サービス(https://tebura-touen.com)を2019年7月より本格的に開始しています。
多くの保育所では、保護者が紙おむつ1枚1枚に名前を書き、毎日5~6枚を持参しており、子育てと仕事で忙しい保護者の大きな負担になっています。また保育所側も、紙おむつを園児ごとに個別管理する必要があり、業務が煩雑化しています。手ぶら登園サービスは、保護者・保育所の双方の課題を解決するサービスになっています。

奈良県 田原本町は、「子どもから高齢者まで誰もがいきいきとした暮らしを楽しむまち」を目指し、若い世代が安心して結婚・妊娠・出産・子育てができる環境の充実を積極的に行っています。
例えば、保育士確保のために、町内で勤務する保育士などに対して小学生以下の子どもの保育料などを補助・減免するなど様々な独自性の高い政策を打ち出しています。

ユニ・チャーム株式会社は、SDGs(Sustainable Development Goals:持続可能な開発目標)の「1.貧困をなくそう」「3.すべての人に健康と福祉を」「5.ジェンダー平等を実現しよう」「8.働きがいも経済成長も」「10.人や国の不平等をなくそう」の項目への貢献のため、乳児用紙おむつ「ムーニー」「マミーポコパンツ」などを通じて、子育て環境の向上を目指しています。

このように子育て環境の向上に向け三者の想いが一致し、今回の子育て連携協定に至りました。
今後、本協定に基づき、子育て分野において三者の経営資源やノウハウなどを連携させて取り組んでまいります。

                     (調印式の様子)

<子育て連携協定の内容>
■協定の目的

三者の有する知識及び情報を共有することにより、田原本町の子育て支援及住民サービスの向上を推進し、子育て世代にとって魅力あるまちづくりを進めていくこと

■連携事項
(1)  子育て支援に関すること
(2)  その他、三者が協議して定めること
具体的には子育てひろば(地域子育て支援事業)における「手ぶら登園サービス」の導入などを実施予定です。

子育ての孤立化に伴う不安感や負担感を軽減するため、子育て中の親子が気軽に集い、相互交流や子育ての不安や悩みを相談できる場所として、田原本町では2つの「子育てひろば」を運営しています。
子育て広場に「手ぶら登園サービス」を導入することで、保護者は紙おむつの準備をすることなく「手ぶら」で利用できる為、より気軽に子育て広場を利用できるようになります。
 
<概要図>



<手ぶら登園サービスについて>

 

手ぶら登園サービスの公式Webサイト(https://tebura-touen.com/
日本の多くの保育園では、保護者様がご自宅から、オムツ1枚1枚に名前を書いて、毎日5~6枚程度保育園に持って来ることになっていますが、「手ぶら登園サービス」は直接、保育園にオムツがお届けするため、自宅からオムツに名前を書いて持参する必要が無くなる、というサービスです。

保護者は、園に持って来る荷物が減り、心にゆとりを持って登園・降園ができるようになります。
また、園では、オムツの個別管理が無くなるため、おむつ替えの業務の効率化につながり、より丁寧な保育を、お預かりしているお子様たちに提供することが可能になっています。


【BABYJOB株式会社 会社概要】
◆所在地 :大阪府大阪市淀川区西中島6丁目7番8号
◆保育士の求人・転職サイト:https://baby-job.com/
◆手ぶら登園サービス公式Webサイト:https://tebura-touen.com/
◆代表者:代表取締役 会長 上野公嗣
◆事業内容:保育所サポート事業、子育て支援事業
◆お問い合わせ先:0120-01-8841またはmama@baby-job.com
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. BABY JOB株式会社 >
  3. 奈良県田原本町・ユニ・チャーム・BABYJOBが「子育て連携協定」を締結。田原本の子育て支援を強化。