SandBox、「Microsoft for Startups」に採択

マイクロソフトのご支援のもと、大規模な脳波分析基盤の構築を推進

脳波による感性評価サービスを提供する、株式会社SandBox(本社:東京都渋谷区、代表取締役:菊地秋人、以下「SandBox」)は、マイクロソフト コーポレーション(本社:米国ワシントン州)が提供する、スタートアップ支援プログラム「Microsoft for Startups」に採択されました。
「Microsoft for Startups」とは

世界140カ国以上でマイクロソフト社が提供する新しい顧客やチャネルパートナーとスタートアップを結び付け、グローバルなエコシステムを作り上げることを目的としたスタートアップ支援プログラムです。

当プログラムの採択企業は、Microsoft Azureをはじめとする多くのテクノロジーのサポート、さらにはグローバルな営業部門およびパートナーエコシステムと連携して効果的な営業を行うための専用リソースが提供されます。

詳細ページ
https://startups.microsoft.com/ja-jp/


今後のSandBoxの取り組み
今回の採択を機に下記取り組みを推進してまいります。

・最先端のMicrosoft Azureを活用した、脳波分析の自動化基盤の構築
・分析依頼、結果の参照をWebプラットフォーム上で完結させることによる圧倒的なユーザビリティ向上

SandBoxについて
 




SandBoxは心理学・神経科学・機械学習の研究成果を社会実装し、豊かな人生体験を創出することをミッションとする技術開発企業です。特に脳波実験のデザインや解析、主観評価を得意としており、マーケティング支援サービスに実装することでテレビ局、広告制作会社、消費財メーカー等の製品や広告課題の特定と改善を支援してまいりました。 また、品川区主催の「第10回ビジネス創造コンテスト」においてSony Startup Acceleration Program賞を受賞する等の実績を残しております。

 【会社概要】
会社名:株式会社SandBox
所在地:東京都渋谷区
代表者:菊地秋人
設立:2017年2月
URL:https://www.sandbox-inc.com/
事業内容:脳波分析サービスの提供
 
 【お問い合わせ先】
株式会社SandBox
担当:菊地
e-mail:info@sandbox-vr.com
  1. プレスリリース >
  2. 株式会社SandBox >
  3. SandBox、「Microsoft for Startups」に採択