ファッション偏差値から考察するミレニアル世代の意識と実態調査

ファッション偏差値の高いミレニアルズは、全体の僅か13% 最も偏差値の高いクラスターでは年間ファッション支出は68万円超!

ファッション専門広告会社の㈱ザ・ゴールは、各界でその動向が注目されているミレニアル世代※1のファッションやラグジュアリーブランドに対する意識や行動について、ザ・ゴールの知見をいかしたオリジナル調査「ファッション偏差値から考察するミレニアル世代の意識と実態」を実施、結果をまとめた。
※1今回の調査におけるミレニアル世代は男女18-34歳を対象とした
【調査概要】
調査対象エリア  :  全国
実施時期           :  2018年8月
SC調査             :  全国のミレニアル世代(18-34歳男女)の人口構成比に準じて割付
                有効回収サンプル数 27,167サンプル
本調査              :  SC調査で得た「ファッションアイテムの購入金額と購入頻度」「ファッション感度」を
                           もとに抽出。
                           有効回収サンプル数 2,726サンプル

 調査実施にあたり、ファッション購入金額/購入頻度/ブランド感度の3つの視点から独自の「ファッション偏差値」を設定。生活価値観やメディア意識に関する113項目を用いてさらに分析し、以下の9つのクラスターを導出。

ミレニアルズクラスター偏差値MAP

たとえば、「ハイパーマルチ(HM)」ミレニアルズ(n=198)のファッション年間購入金額は総額68万8000円で、今回調査のミレニアル世代全体(n=27,167)と比べて、ほぼすべてのアイテムで10万円を上回っており、旺盛なファッション消費が明らかになった。

 

ミレニアルズのアイテム別ファッション年間購入額​

ザ・ゴールでは、これらの分析データをもとに顧客の戦略立案を支援する以下のようなコンサルティングサービスを随時提供していく。
・各クラスター別のファッションやブランドに対する意識や実態の深掘り。
・ブランド視点での有望ターゲット設定を支援。
・顧客の課題や要望に応じたカスタマイズ調査の企画・実施(定性/定量)など。

【本件の問い合わせ先】
株式会社ザ・ゴール藤原/山田info@goal.dentsu.co.jp
  1. プレスリリース >
  2. 株式会社ザ・ゴール >
  3. ファッション偏差値から考察するミレニアル世代の意識と実態調査