外国人旅行者向け保険10,000件突破。

大同火災海上保険、OTSレンタカー共同開発

沖縄ツーリスト株式会社(代表取締役会長 東 良和)のレンタカー部門「OTSレンタカー」と大同火災海上保険株式会社(代表取締役社長 与儀 達樹)が共同開発し、2019年1月1日より提供を開始した、「One Two Support 訪日旅行保険」が2019年5月31日時点において、加入件数が10,000件を突破しました。

1.概要
「One Two Support 訪日旅行保険」は、昨今の訪日外国人旅行者の増加や医療にかかる受入環境整備の重要性が一層高まっていることを踏まえ、レンタカーを借受けする外国人旅行者を包括的に補償するレンタカー業界および保険業界初の商品として、2019年1月より提供を開始しました。

本保険の対象となる外国人旅行者が病気やけがにより提携病院で受診する場合、医療費の立替払いの必要がなく、キャッシュレスで受診ができるとともに、医療機関を受診する際の手配や医療通訳といったサービスも受けることができます。

また、レンタカー1台あたりの保険料設計となっていることから、ドライバーだけでなく同乗者も補償対象となるなど、利用者の利便性を徹底的に追求した点なども評価され、多くの外国人旅行者から支持をいただいております。

自国で旅行保険に加入してこなかった外国人旅行者も、OTSレンタカーの指定プラン(安心パックVIPプレミアムプラン)を利用するだけで旅行保険も同時に加入できることから、訪日客の旅行保険加入を促進するとともに、医療費の未払いや通訳の問題で悩む医療機関にもメリットがある商品となっております。

全国初の試みで、外国人観光客への対応の新たな形としてスタートした本取組みをとおして、引き続き拡大する観光産業に貢献してまいります。

2.保険事故の対応実績

本商品は旅行中の病気やけがを補償するもので、風邪やインフルエンザ、骨折や脳卒中など実際の事故形態は様々ですが、2019年5月31日現在、81件の事故受付があり、累計5,287,570円の保険金をお支払いしております。

中には補償対象となる外国人のお客さまが旅行中に不慮の事故によって、治療費に約300万円の費用がかかったケースもございましたが、お客さまによる治療費の立替払いの必要がなく、キャッシュレスで受診できたことから大変喜ばれました。また、医療機関の中には外国人患者からの治療費回収に不安を感じていたところもあり、本保険からの支払があることで安心していただけ、「訪日観光客は全員保険に加入してほしい、保険対応出来なければ大変であった」というコメントも頂戴しております。
 

補償サービス利用フロー補償サービス利用フロー

3.10,000件突破記念セレモニー

加入件数が10,000件を突破したことを記念して、5月31日に「10,000件突破記念セレモニー」を開催し、沖縄ツーリスト株式会社中村副社長および大同火災海上保険株式会社外間常務より10,000件目の加入となったお客さまに伝統工芸品(紅型)を記念品として贈呈いたしました。

 

 

写真 左から 
KIM BOMJHUN ご家族(韓国籍)
沖縄ツーリスト株式会社 取締役副社長 中村 靖 (なかむら やすし)
大同火災海上保険株式会社 常務取締役  外間 尚(ほかま たかし)

  1. プレスリリース >
  2. 沖縄ツーリスト株式会社 >
  3. 外国人旅行者向け保険10,000件突破。