アイスホッケーチーム・ひがし北海道クレインズ、台風15号により被災した千葉のアイスホッケーを続けている子供たちへの活動報告

ひがし北海道クレインズの活動報告

ひがし北海道クレインズは、台風15号により被災した千葉のアイスホッケーを続けている子供たちへユニフォームやキーホルダー、11月の横浜開催の試合へ招待しました。
報道関係各位
ひがし北海道クレインズ合同会社
代表業務執行社員  田中 茂樹

平素は格別のご高配を賜り厚く御礼申し上げます。
さてこの度、アイスホッケーチーム・ひがし北海道クレインズ(代表業務執行社員 田中茂樹)は、台風15号により被災をしました千葉でアイスホッケーを続けている子供たちへの活動につきまして、ご報告をいたします。

この度の台風15号により被災された皆様へ、謹んでお見舞い申しあげます。
ひがし北海道クレインズといたしまして、被災地でアイスホッケーを続けている子供達へホームゲーム、ビジターゲームユニフォームとアクリルキーホルダーをお送りいたしました。

 


また、11月の新横浜での試合に被災地でアイスホッケーを続けている子供達80名を招待することとなりました。
クレインズの試合を観て、少しでも勇気と希望を感じて貰えたら幸いです。
横浜開催では皆さんに会える日を楽しみにしております。

以上
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. ひがし北海道クレインズ合同会社 >
  3. アイスホッケーチーム・ひがし北海道クレインズ、台風15号により被災した千葉のアイスホッケーを続けている子供たちへの活動報告