AI・ディープラーニングを用いたオープンソースソフトウェア「SDTest」と協働ロボットアームを統合した外観検査自動化ソリューションを開発、新たに発表

ソフトウェアとハードウェアの統合により幅広い領域での自動化を実現

 株式会社RUTILEA (本社: 東京都港区、開発拠点: 京都府京都市) は、AI・ディープラーニングを用いたオープンソースソフトウェア「SDTest」と協働ロボットアームを活用した外観検査自動化ソリューションを開発し、新たに公開する。SDTestをロボットアームと組み合わせることにより、目視作業の自動化に加え、物を正確に運ぶ・動かす領域まで自動化することに成功した。

 


 SDTestは、株式会社RUTILEAが自社で開発したAI・ディープラーニングを実装させた外観検査向けソフトウェアであり、従来検出が難しいとされていた光沢のある金属部品や傷の見えにくい黒色系部品、精密な半導体部品の欠陥をディープラーニングによるアプローチを適用することによって100%の精度で検出することを可能にした。また、オープンソースにすることにより技術面だけでなく、導入コスト削減や開発費用の削減など費用面における課題解決も可能にした。

 今回、自社開発ソフトウェア「SDTest」と市販のハードウェアの協働ロボットアーム「DOBOT Magician」を組み合わせることにより、製造ラインでの目視作業の自動化に加え、部品を正確に運ぶ・動かす領域までの自動化を実現させた。

 先日リリースしたSDTestのダウンロード数は既に50社を突破し、大手製造業とのNDA締結や技術商社との共同開発等、実用の本格化に向けた商談も着々と進んでいる。株式会社RUTILEAは9月18日~20日にかけて開催の第2回オートモーティブワールド名古屋 (ポートメッセなごや) に出展し、これらのデモを披露する予定である。

オートモーティブワールド名古屋リンク: https://www.automotiveworld-nagoya.jp/ja-jp.html

[ロボットアームを使用した検品の様子]

動画リンク: https://youtu.be/DQlxDJS5OPY

 

  • RUTILEAについて

・当社は最も高性能な製品をオープンソースで実現することをビジョンにしております。
・京都大学、東京大学出身のエンジニア (常勤・非常勤合わせて約30名) が開発に参加しており、この人材リソースを活用していただけます。
・調査依頼・ビジネス開発など幅広くご相談に乗ることができます。
・ディープラーニングを活用したAI実装に向けた企業研修・人材育成講座等も開催しております。
 

  • 会社概要

商号: 株式会社RUTILEA (ルティリア)
代表者: 矢野 貴文
本社所在地: 〒105-0014 東京都港区芝3丁目6-10 芝NAビル6階
開発拠点所在地: 〒602-0841 京都府京都市上京区梶井町446 リアップ2階
ホームページURL: https://www.rutilea.com/
お問い合わせ先: contact@rutilea.com (担当者: 志岐/平塚)

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社RUTILEA >
  3. AI・ディープラーニングを用いたオープンソースソフトウェア「SDTest」と協働ロボットアームを統合した外観検査自動化ソリューションを開発、新たに発表