空飛ぶクルマで移動できる国内主要都市のIRリゾート、テーマパーク周遊プラン開始します。

スカイリンクテクノロジーズ株式会社は旅客用自動運転航空機(旅客用ドローン)を開発している企業です。

SLT
当社は「April Dream4月1日は、夢の日。」に参加しています。このプレスリリースはスカイリンクテクノロジーズ株式会社の April Dream です。
空飛ぶクルマの開発ベンチャー企業であるスカイリンクテクノロジーズ株式会社(神戸市 代表 森本高広)はIR(統合型リゾート施設)、テーマパークジャパン協議会とともに2020年4月1日、空飛ぶクルマを活用した国内主要都市のIRリゾート、テーマパーク周遊プランの提供を開始します。

空の移動革命でテーマパークの楽しみ方が拡大
1つのテーマパーク内のアトラクションを楽しむことが一般的ですが、最近では「テーマパーク・バイキング」という言葉がSNSで話題になり、午前は東京ディズニーランド、午後はユニバーサルスタジオジャパンで遊ぶといったスタイルが増えつつあります。新幹線では移動時間の問題で実現できなかったが、空飛ぶクルマの普及により、より短い時間での移動が容易になったことで、新しいテーマパークの楽しみ方が広がっています。例えば、東京―大阪間の移動であれば、約90分で移動でき、空飛ぶクルマの中もアトラクションの1つとして、映画視聴や昼食を楽しむことができます。


国内を最速移動できる空飛ぶクルマ
当社の空飛ぶクルマは国内最速の時速400kmで移動できる自動運転航空機です。搭乗されるお客様はいくつかの飛行ルートから好きなルートを選ぶだけで、到着まで機内で自由な時間をお過ごしいただけます。また、ヘリコプターのように垂直離陸が可能ですので、テーマパーク内にある専用ヘリポートから離発着することができます。空港内のような移動がないため、着いたらすぐにアトラクションの場所で移動することが可能です。定員は4名のプライベート空間ですので、ご家族一緒に移動いただけ、将来は自宅とテーマパークを結ぶスカイタクシーのサービスも予定しております。

自由な移動で世界を元気に
現在、コロナウイルスの影響により、移動制限を余儀なくされ、経済から日常生活まで様々なシーンで我慢を強いられております。人々の生活において「移動できる」がどれだけ大切なことであるか身を持って感じることができた機会でもあります。そして、近いうちにコロナウイルスの影響が小さくなり、人々の自由な移動が取り戻せたときに、世界中の元気が戻ってくると信じています。さらに空飛ぶクルマの登場により、人々のより自由度の高い移動が実現し、さらなる経済発展、新しい体験を作り出せることを楽しみにしております。

機体開発エンジニア、パートナー企業様募集
当社は前述のとおり空の移動で新しい体験、サービスを誕生させたいと考えております。よりよい空飛ぶクルマの機体開発を進めるために技術者を幅広く募集しております。また、様々な企業様との協力関係構築を重視しており協力企業様も募集しております。開発現場のご見学やお打ち合わせなどお気軽にお問い合わせください。


会社情報
スカイリンクテクノロジーズ株式会社
代表取締役 森本高広
本社 兵庫県神戸市西区平野町印路995-1
Email:info@skylink-tech.co.jp

「April Dream」は、4 月 1 日に単に笑えるネタではなく、 実際に企業が叶えようとする夢を発信いただく PR TIMES によるプロジェクトです。 https://prtimes.jp/aprildream/
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. SLT >
  3. 空飛ぶクルマで移動できる国内主要都市のIRリゾート、テーマパーク周遊プラン開始します。