【外国人求人チャットコンシェルジュJapanWork /イイね数が16万を突破】サービスを活用した外国人の受け入れが拡大中

実際にサービスを活用して採用を積極的に進めている、清掃事業会社 株式会社ザイマックスサラに外国人採用について取材した。

人材不足の深刻化の緩和を狙い、新たに加わった「特定技能ビザ」の波を受け、外国人人材採用への関心が高まる中、外国人人材の活用を業界でリードしているザイマックスサラのリアルと今後の展望


(左から株式会社ザイマックスサラ企画グループグルーブ長 玉野 恭平/取締役 東京支社長 岡村 洋祐/企画グループ木村 優里)

 現在、JapanWorkのサービスをご利用頂いていますが、どのような点にメリットを感じて頂いているのでしょうか
 “ミスマッチが減る”という点にメリットを感じています。求人チャットコンシェルジュのJapanWorkで、応募者のビザの確認や仕事内容、希望勤務時間などの細部まで確認した上で面接設定を組みますので、スムーズに採用まで繋げることが可能です。

 外国人人材の受け入れが進んでいく世の中で、まだまだ遅れていると言われる清掃業界。しかし、JapanWork以外の求人サービスでも積極的な採用を行い受け入れが定着しているザイマックスサラではどのように受け入れを始めたのだろうか 
 
 清掃業をさらに拡大させていくことが決まった2017年は世の中的にも人手不足が問題視されていました。人手不足を解消するために様々な領域で自動化が進む中、清掃業に関しては人の手で行う業務が圧倒的に多く、近い未来に自動化する可能性は低いと考えられています。

 「一人一人の生産性を上げるか」「新たな戦力の採用を本格化していくか」待ったなしの迫られた状況の中、本格的な外国人人材の受け入れを開始しました。
 
 積極採用開始から3年がたった現在、東京では従業員全体の3割を占める300名弱の外国人清掃スタッフが在籍しています。

外国人の積極採用開始当時、現場ではどのような反応で、受け入れを進めるために何をしたのだろう

 オーナーやテナントから理解を得られるのか、大多数を占める日本人シニア層は受け入れてくれるのか、マニュアルなど教育はどうしていくのか等、課題も多い状況でしたが将来を見据えて採用を展開。外国人スタッフが在籍している状況を既成事実化しました。
 
 そして外国人スタッフの増加に合わせ、受け入れ現場のバックアップ体制も充実させました。例えば、パート・アルバイトだけでなく、外国人スタッフのマネジメント、通訳をしてもらうための外国人正社員も雇用しています。

 また、導入研修の資料を多言語化しており、現場でのイメージや流れを理解しやすいように配慮しました。
 
 更に、これまで“日本人の感覚”で作成していた「ルール」や「細かな業務内容」のマニュアル化も進めています。日本人同士のコミュニケーションには、いくつもの暗黙の了解が存在しています。「“日本人”のやり方が出来ないから評価しない。」ではなく、業務をきちんと言語化・分解することによって、国籍問わずスタッフ全員が平等に仕事に取り組めるシステムが必要です。マニュアル化により、“外国人人材受け入れ”のハードルを更に下げる事が可能です。

積極的な外国人人材の採用と、バックアップ体制によって定着した外国人人材。課題とは

 清掃業界で働いている多くの日本人シニア層は、職場の雰囲気や働きやすさ、長い期間働ける事を重視する傾向にあります。職場での人間関係が良ければ、定着に繋がる可能性がありますが、外国人スタッフは全く違う傾向があると感じています。根本的に仕事に対する姿勢・考え方が違います。
 
 あくまでも限られた時間の中で精一杯稼ぐ事ことを重視している方がほとんどで、より良い条件があれば躊躇なく転職をします。清掃業は1日あたりの勤務時間が短い場合も多く、たった3時間の勤務時間の為に片道1時間かけてくるスタッフはいません。如何に効率よく稼げるのかを外国人スタッフは特に求めていると感じています。

効率性を最優先する傾向がある外国人スタッフ達を定着化へ繋げる為の解決策とは

 前述の通り、アルバイト・パートスタッフの場合、解決の鍵は労働効率の向上です。清掃業は短時間業務が多い為、通勤時間に対して得られる報酬が少なく、辞めてしまいます。そこで、通勤時間が一定以上であれば、支給額を増やす給与形態などを検討しています。

 正社員の場合は、定着率向上の為に「評価制度」に着目して体制を整えています。彼らは「日本で学んだ技術を母国に持ち帰り、新規ビジネスに繋げる」という明確な目標を持って来日している為、仕事に対しての意欲・モチベーションが非常に高いです。その意欲的で高いモチベーションを保たせる為、決して横並びの評価ではなく個々の能力に見合った報酬と、キャリアプランに沿ったマネジメント体制を整えています。

課題と向き合い、一つずつ解決へと試行錯誤を繰り返すザイマックスサラ。外国人人材受け入れのメリットとは

 “外国人人材の採用”にマイナスなイメージを持たせるニュースも見ますが、ブルーカラー系の業種や業界であればあるほど、”前向きな労働力”が入るとマイナスイメージが大きく変わると思っています。前向きな外国人人材は、経営方針すらもプラスに変わる“起爆剤”にもなり得ます。

 清掃業やホテル業は一般的に不人気業界・業種と言われており、応募がこない・離職率が高いことを前提として業務設計してありますが、その不人気業界でスキルを磨きたい、稼ぎたいという前向きな戦力が入ると、業務設計の基本・経営方針が大きく変わり、今まで想定していなかった可能性が生まれ、急に経営がワクワクしたものに変わります。

 更に外国人人材は若年層も多く、特に清掃業界では大きな”若返り効果”や“職場環境の改善”も見込めます。   以前に、1人の若いフィリピン人スタッフが現場に入った際、採用に携わった人事は馴染めるか不安でしたが、1週間後にはそのスタッフが現場の中心メンバーとなっていました。とても明るい性格のスタッフで距離感も近く年齢差がある既存スタッフからは、まるで娘のように慕われ、その現場は見違えるほど明るくなりました。
 

  「想像を越えたところで現場では進んでいく。まるで科学反応の様に、予期せぬ連鎖が起きるのです。」

 我々は、言葉の壁があるから“使えない”と諦めるのではなく、“人材のポテンシャルを如何に最大限に活かせるか”という点に着目していきたいと考えています。

今後の外国人人材の採用の展望とは

 ザイマックスグループ全体の方針として、今後も人手域を拡大していく予定です。その為には、外国人を始め女性・シニア層など多様な人材を受け入れて行くことが絶対であり、当社にとって外国人を受け入れないというのは、もはやありえない事です。
 
 
近い将来、外国人人材の採用・マネジメントが企業の強みと言いきれるようにまでノウハウを蓄積し、離職率の改善を進めたいと思っています。その為にもマネジメント層の採用にも今後も注力していきます。

 1990年の創業当初から受け継がれる、共に働く「人」を軸にした経営理念に基づき、国籍を問わず働く人が元気であり続ける経営の実践を大切に。今後も外国人人材の受け入れを続け、新たな課題と向き合いながら躍進していきます。

 



■株式会社ザイマックスサラ/会社概要
社名      株式会社ザイマックスサラ
所在地     東京都中央区築地1丁目13番10号
設立      2008年12月24日(平成20年)
資本金     5,000万円
主な株主 ザイマックス(100%出資)
従業員数 1,549名(2019年10月1日現在)
事業内容 オフィスビル・ホテル・商業施設等の清掃




■JapanWorkサービス内容
株式会社JapanWorkは2016年2月に創業以来、国内最大規模の15万以上のユーザーを獲得し
自社開発のチャットシステムでパーソナルコンシェルジュが仕事内容の説明やビザの確認
面接日設定までを代行します。
<サービスの特徴>
(1) 採用工数の大幅削減 ※求人内容の翻訳・集客・フィルタリング・面接日設定まで当社が代行
(2) 高いマッチング率 ※AIとパーソナルコンシェルジュにより採用条件に適した人材をご紹介
(3) 確かな集客力 ※ユーザーは国内最大規模の15万人を超え、6割以上が長期雇用が見込める永住者ユーザー 。短期間で大人数の採用が必要な場合もご安心ください。

■株式会社JapanWork/会社概要
会社名 : 株式会社JapanWork
所在地 : 〒160-0022 東京都新宿区新宿1-18-10 カテリーナ柳通りビル4F
代表  : 代表取締役 鈴木 悠人
設立日 : 2016年2月12日
事業内容: 外国人向け求人チャットコンシェルジュ“JapanWork”の運営
URL   : https://corporate.japan-work.com/
 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社JapanWork >
  3. 【外国人求人チャットコンシェルジュJapanWork /イイね数が16万を突破】サービスを活用した外国人の受け入れが拡大中