Hi-So社、森崎ウィンさんのブランドアンバサダー就任を発表

Hi-So Pte. Ltd.(以下、Hi-So社)(シンガポール、代表:高田 健太)は、デリバリーサービスを提供しているミャンマーにおいて、人気・知名度ともに高い森崎ウィンさんをブランドアンバサダーに起用することをご報告致します。
■森崎ウィンさんのブランドアンバサダー就任
当社は2020年10月に追加資金調達を完了させましたが、それに合わせて今回、ミャンマー出身の俳優・アーティストで、同国でも人気と知名度の高い森崎ウィンさんをHi-Soブランドアンバサダーとして起用することを決定しました。
プロモーション撮影時に森崎ウィンさんは、Hi−Soの利用者だけでなく、実際に商品を配達するHi-Soの配達員にも扮して撮影をおこないました。
今後はHi-Soの様々な広告媒体に森崎ウィンさんを掲載し、ミャンマー国内でのHi-Soのさらなる認知度向上、利用促進に繋げてまいります。

Hi-Soの配達員に扮した森崎ウィンさんHi-Soの配達員に扮した森崎ウィンさん


■Hi-Soとは

Hi-SoアプリHi-Soアプリ

ミャンマー/ヤンゴンにて食品、食材、日用品等を即時販売、即時配達するプラットフォーム。アプリ(iOS、Android)、Webサイトに加え、電話やFacebookページからも注文が可能。当初は自転車を用いた宅配便サービスを2018年12月から展開していたが、2019年10月から商品の購買機能を新たにサービスに加え、フードデリバリー、オンラインショッピングサービスとして業態転換。サービス開始以来、月次の配達件数は平均二桁成長を記録し、現在、加盟店は1,200店舗を越えている。



■プロフィール
俳優・アーティスト 
森崎ウィン/MORISAKI WIN 
生年月日:1990 年 8 月 20 日 
ミャンマーで生まれ育ち 、小学校 4 年生の時に来日 、 その後中学2年生の時にスカウトされ、芸能活動を開始。 2008年にダンスボーカルユニット“ PRIZMAX ”(現、解散)に加入し、メインボーカルを担当。 俳優としても様々な役を演じ活躍する中で、 2018 年に公開されたスティーヴン ・スピルバーグ監督の新作「レディ・プレイヤー1」で主要 キャストに抜擢され、 ハリウッドデビューを果たす。その後も数多くの映画やドラマに出演し、 2020 年に映画「蜜蜂と遠雷」で第43回日本アカデミー賞 新人俳優賞を受賞。また、主演を務めた連続ドラマ『本気のしるし』の劇場版(10月9日公開)は第73回カンヌ国際映画祭「Official Selection2020」作品に選出された。 同年、アーティストとしても世界進出を掲げ“MORISAKI WIN”として7月1日に「パレード - PARADE」でメジャーデビュー。8月29日には、全世界に向けた有料配信ライブを実施。 2018 年よりミャンマー観光大使を務め、母国ミャンマーでもドラマの主演や CM に数多く出演し国民的スターとして活躍中。

​■会社概要
Hi-So Pte. Ltd.
所在地:シンガポール
代表者:高田 健太
設立:2020年1月
同社100%子会社のHi-So Co., Ltd.(ミャンマー法人)を通して、ミャンマー/ヤンゴンにて食品、食材、衣類、化粧品等を即時販売、即時配達するプラットフォーム”Hi-So”を提供中。現在、加盟店は1,200店舗を越え、2019年10月のサービス開始以来、月次の配達件数は平均二桁成長を記録している。

- iOSアプリ
https://apps.apple.com/us/app/hi-so-mall/id1462165545

- Androidアプリ
https://play.google.com/store/apps/details?id=com.hiso.user
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. Hi-So Pte. Ltd. >
  3. Hi-So社、森崎ウィンさんのブランドアンバサダー就任を発表