宿泊施設向けスマートオペレーションサービス『aiPass』が事業会社とのパートナーシップ・プログラムを開始

パートナーの公募を開始

CUICIN株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役:辻 慎太郎)が運営する、宿泊施設向けのスマートオペレーションサービス『aiPass』は、プラグイン機能の拡充とサポート体制の強化を目的に「aiPass パートナーシッププログラム」を開始しました。

 


■ aiPass パートナーシップ・プログラム
本プログラムは、宿泊施設を運営する『提携パートナー』とプラグイン機能を共同開発する『開発パートナー』の二つのパートナーシップで構成されています。急速な変化が求められている宿泊業において、より柔軟な対応ができる環境を創出していきます。
 
  • 提携パートナー(宿泊施設を運営する事業会社)
提携パートナー様が運用する施設での『aiPassの実証実験』を実施することで、オペレーションのデジタル化(DX)推進に向けた自社システム連携など、専属のサポートを受けることができます。
実証実験におけるaiPassの「事前チェックイン」から「モバイルチェックアウト」などの基礎機能は全て無償でご利用いただけます。提携パートナーのお申込後に、一定の審査がございます。

 

  • 開発パートナー(宿泊に関連するサービス提供事業者)

今後、宿泊施設様の需要が見込まれている機能やサービスの事業会社と連携することで、aiPassのプラグイン機能を拡充し、運用をサポートする体制を強化していきます。共同で開発した機能については、プラグインとして各宿泊施設が選択と利用ができ、収益を分配(レベニューシェア)する仕組みを導入予定です。

また、 COVID-19(新型コロナウイルス感染症)拡大に伴う急速な事業環境の変化によって、 これまで以上にスマートオペレーションの需要が大きく増加しています。 それぞれのパートナーと伴走し、機能の拡充と運営のサポート体制を強化することで、多くの宿泊施設にとって急務となった、「業務の効率化」や「CX(コーポレート・トランスフォーメーション)」の早期実現に向けた環境を整えてまいります。

パートナーシップ・プログラムのお申込について
https://aipass.jp/#contact
 


■ スマートオペレーション『aiPass』

 https://aipass.jp/

旅行者のスマホを活用した宿泊施設向けスマートオペレーションサービスです。
事前チェックインから、モバイルでのチェックアウトまで一気通貫したオペレーション基盤を提供し、効率化を実現します。
 

aiPassの特徴
  • 業務ステップを3分の1に
  • システムの一元管理で効率化
  • タッチポイントを生かしたUX向上


従来の紙などを使ったアナログな運用をデジタル化することで、宿泊施設はオペレーションを最適化し、業務を効率化できるだけでなく、より良い顧客体験を提供できるようになります。

aiPassはスマートオペレーションで宿泊施設を支えていきます。


【 aiPass サービス概要 】
URL: https://aipass.jp
サービス名:aiPass (アイパス)
サービス開始日:2020年2月1日

【 運営会社 】
社名: CUICIN株式会社 
URL:https://cuicin.co.jp
設立: 2019年11月13日
代表者:代表取締役 CEO 辻 慎太郎
本社:東京都渋谷区神宮前4-26-28 2F
事業内容:宿泊施設向けWEBサービスの企画開発、運営及び販売

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. クイッキン株式会社 >
  3. 宿泊施設向けスマートオペレーションサービス『aiPass』が事業会社とのパートナーシップ・プログラムを開始