JATO 2020年4月欧州新車販売台数速報

変動の激しい市場でも優勢となり、欧州は電動車にとってリスクの少ない投資先となった

自動車産業の世界的な調査会社であるJATO Japan Limitedは、欧州の自動車市場についての最新レポートを公開した。
[本リリースは、2020年6月2日にJATO Dynamics Limitedが発表したプレスリリースを邦訳したものです]

● 4月欧州で登録された乗用車の17%が電動車であった
● 欧州市場は1970年代以来、単月の販売台数として最も少ない水準となった
● 電動車は変動の激しい市場においても存在感が強い
● BMW X3、テスラ モデル3、ルノー ゾエは当月販売を伸ばした


 

予想通り、欧州新車市場は4月も着実な減少に直面した。2019年4月は134万台であったが、当月は292,600台となっている。1970年代以来、月次台数として最低水準の結果であり、世界3大市場(中国、北米、欧州)の中でも最も悪い結果だ。欧州の急激な減少を超えたのは、前年同月比100%の減少を記録したインドのみであった。インドの年度累計台数は、JATOが1980年に調査を始めてから最低の結果になっている。

 

JATOのグローバルアナリストであるFelipe Munozは「世界中で行われたロックダウン政策により、販売台数を大きく下げることになった。このシナリオに準備ができた自動車メーカーはひとつとしてなく、これほど大規模な危機となるとは想定できなかった。この逆境にあっての希望の光は、自動車メーカーが運営を見直し、もっと俊敏になるための機会を得ることができた、ということだろう」と述べている。隔離政策はすべての国で行われた訳ではないため、販売台数が減少したタイミングも、その程度もそれぞれ異なる。例えば、スカンジナビア諸国では、人々は自由に移動することができたため、最も小さな減少である37%減となった。対照的に、欧州主要5カ国の内の4カ国では、厳格なロックダウン政策の影響を受けて顕著な下げを記録した。イタリア、イギリス、スペイン、フランスでの合計販売台数は、2019年4月の646,000台から、1年後の当月は34,000台にまで減少している。

電動車:リスクの少ない投資先に

しかしながら、自動車産業のすべての局面が、当月失速した訳ではない。第1四半期に定着した全面的なロックダウン政策と、不穏な経済指標にもかかわらず、電動車は市場をけん引し続けており、市場全体の17%となる50,400台を売り上げた。販売台数は前年同月比で46%減少しているが、その要因の大部分は、ハイブリッド車(HEV)の台数が66%減となる18,900台となったことだ。ピュアEV(BEV)は、29%減の16,700台であったが、プラグイン・ハイブリッド車(PHEV)は7%増となる14,000台となっている。
 


Munozは「電動車はすでに、2019年に残っていた小さな成長を促してきた。今年は、政府がいち早く人々と経済を守ろうと行動したため、そうしたインセンティブのおかげで、電動車はよりけん引力と注目度を獲得した」と説明する。「電動車はこれからの時代、消費者にとって、個人の移動手段として最も好まれる選択肢となるだろう。電動車に重点的に投資してきた自動車会社は、これからの過酷な数か月間を切り抜けるのに、有利な状態にあると言える」とMunozは続けた。
 


フォルクスワーゲン、アウディ、フォードの電動車は、2桁成長を記録している。中でも好調だったのは、フォルクスワーゲン パサート PHEVの981台、up! BEVの687台、ボルボ V60 PHEVの897台、XC40 PHEVの339台;アウディ e-tronの1,289台、A3 PHEVの465台;フォード プーマ(Puma) HEVの1,170台、フォード クーガ(Kuga) PHEVの753台であった。その他の主要な電動車の結果はそれぞれ、テスラ モデル3が37%減、ルノー ゾエ(Zoe)が47%減、ニッサン リーフが56%減となっている。

SUVの販売台数は、市場全体の実績と一致している

当月のSUVの販売台数は、昨年同月比78%減となる109,500台であった。マーケットシェアはほぼ37%で安定している。台数が減少したのはB SUV、C SUVセグメントが大きな落ち込みとなったためだが、これはフランス、イタリア、スペインといった、最も新型コロナウイルスの影響を受けた国で人気のセグメントであったことが大きい。対照的に、大型で高額なSUVにおいては、減少は穏やかなものだった。イギリスでのマーケットシェアは2019年4月時点の43%から当月は37%へ、スペインにおいても45%から41%へと縮小した。反対に、ギリシャでは昨年4月の28%から当月は47%へと拡大し、アイルランドも同様に、47%から62%へ拡大した。
 


販売台数が増加したのは、たったの13モデルであった

新型コロナウイルスの感染拡大により、2019年と2020年の4月に販売されていた433モデルの内、419モデルの販売台数が減少した。販売増となったのは13モデルのみであり、その内容は以下の様になっている;メルセデス EQCが42台から409台、ポルシェ カイエンクーペが68台から210台、シュコダ スカーラ(Skoda Scala)が713台から1,673台、BMW X7が202台から341台、アウディ e-tronが963台から1,307台、メルセデス GLEが1,047台から1,272台、BMW X6が405台から471台、メルセデス GLSが174台から195台。
 


モデル別販売ランキングを見ると、フォルクスワーゲン パサート、BMW X3(プレミアムセグメントでは首位)、ボルボ S60/V60が上位24位内に入っていた。マーケットシェアを最も伸ばしたのは、シュコダ カミック(Skoda Kamiq)、BMW X3、シュコダ オクタビア(Skoda Octavia)、フォード プーマ(Puma)、メルセデス GLCである。反対に、フィアット パンダ、ニッサン キャシュカイ(Qashqai)、フォルクスワーゲン ポロ、オペル モッカ(Mokka)、プジョー 3008は最もマーケットシェアを落としたモデルとなった。

JATOについて
 
JATO Dynamicsは、1984年に設立され、現在世界51カ国以上で活動しています。30年以上に渡り、自動車の仕様、価格、販売登録台数に関する、世界で最もタイムリーで、正確な最新のデータを提供してきました。弊社は、単なるデータ以上のものを提供し、世界の変化と、それに伴う消費者の考え方の変化を見極め、業界が求める洞察をお伝えしています。短期的な市場の動きに対応し、長期的な成長へ向けた計画を行い、そして最終的にはお客様のニーズへもお応えすることが可能です。詳しくは弊社のウェブサイトをご覧ください。

■その他レポートはこちらからご覧いただけます
https://www.jato.com/japan/media-insight/

お問い合わせ先

JATO Japan Limited
113-0024 東京都文京区西片 2-22-21 本郷MKビル2F
Web: www.jato.com/japan/
Tel: 03-6801-9551
(9:00 ~ 12:00、 13:00 ~ 18:00、土日祝を除く)
Email: japan.marketing@jato.com
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. JATO Japan Limited >
  3. JATO 2020年4月欧州新車販売台数速報