中間管理職のためのメンタープログラム「Good Team」を運営する株式会社Hitoiro 「図解 人材マネジメント入門」の著者 坪谷邦生氏がアドバイザー就任!

"意志ある"企業の想いを"カタチ"にし 日本を元気に! 〜未来の人材・組織マネジメントの形をつくる〜

中間管理職のためのメンタープログラム「Good Team」を運営する株式会社Hitoiro(本社:東京都港区、代表取締役:山田聖子)(以下、Hitoiro)のアドバイザーに、「図解 人材マネジメント入門」の著者 坪谷邦生氏が就任いたしました。

  • アドバイザー就任の背景

 坪谷氏は、「人事の意志を形にする」をミッションに掲げています。これは「人を生かして事をなす」という経営者、人事責任者、中間管理職の意志をともに形していくという強い想いが込められています。
 Hitoiroの「Good Team」は、中間管理職の組織運営をコーチングとキャリアコンサルティングで支援するサービスです。このサービスは、中間管理職のマネジメント力向上だけではなく、「意志ある」経営者や人事が「意志ある」中間管理職(現場)の生の声を、人事制度・施策に反映することで、現場のマネジメント環境を改善し生産性向上へ繋げていくものです。
 これを実現するために、坪谷氏の人事責任者、人事コンサルタントとして成功実績豊富な組織の仕組み構築力(人事制度設計、人材育成体系化など)と幅広い知識・実践力を活かしたアドバイスの元、「Good Team」をご活用頂く企業様の人材・組織マネジメントを経営と現場の両側面から支援できる、より強固なサービス体制を構築して参ります。

  • 坪谷邦生氏のプロフィール

坪谷 邦生(つぼたに くにお)
 1999年、立命館大学理工学部を卒業後、エンジニアとしてIT企業(SIer)に就職。2001年、疲弊した現場をどうにかするため人事部門へ異動、人事担当者、人事マネジャーを経験する。2008年、リクルート社で人事コンサルタントとなり50社以上の人事制度を構築、組織開発を支援する。2016年、急成長中のアカツキ社で人事企画室を立ち上げる。2020年、「人事の意志を形にする」ことを目的として壺中天を設立。また、中小企業診断士、Certified ScrumMaster認定スクラムマスターを取得。
 <著書>
『人材マネジメントの壺』シリーズ(2018)、『図解 人材マネジメント入門』(2020) 
 

  • ​坪谷氏からのコメント

 中間管理職は人材マネジメントの主役とも言える存在です。どんなに事業戦略の筋が良くても、どんなに人事制度が一貫して整っていたとしても、現場でのマネジメントが機能していなければ、何も起きません。
 そこを担う中間管理職の方々はしばしば困難な立場に立たされます。必ず成果を上げなければならない。しかし人員は限られている。短期の目標を達成するために全力疾走しなけらばならない。しかし目の前の部下はキャリアに悩んでいて足が止まる。この状況でいったいどうすればいいんだ!? 短期と長期、人と事、交差点のど真ん中で、今にも倒れそうな中で踏ん張り、無理難題を「なんとかする」のが中間管理職です。
 私自身も人事部門の中間管理職として長く葛藤してきました。そして人事として20年間、現場の中間管理職の方々に、必要な使える武器をお渡ししようと試行錯誤を続けてきました。

 今回Hitoiro社と出会ったことで、そこが大きく前進すると感じております。
 私は人事制度設計、人材育成体系構築、ミッション・ビジョン・バリュー策定などの主に型(かた)をつくることを得意としています。Hitoiro社の「Good Team」では、コーチングやキャリアコンサルティングの経験豊富なプロフェッショナルたちが、中間管理職をメンターとしてサポートするという、血(ち)を通わせるサービスを強みとしています。 型をつくって血を通わせることで形(かた・ち)とする。中間管理職の方々の必要とする武器をつくるには、理想の組み合わせではないかと感じているのです。
 アドバイザーという役割からスタートしますが、アドバイスを差し上げるだけではなく、これから一緒に、未来の人材マネジメントの「形」をつくっていくような協働にしていきたいと願っております。
 

  • 代表取締役 山田聖子より 

「Good Team」は、近年、日本企業の喫緊の経営課題となっている中間管理職の機能不全を解消することで、一人一人の従業員が自分らしく自律的に働き(組織の生産性を高め)、より多くの企業から新たな価値が創出されることを通して、日本を元気にしたいという想いから生まれたサービスです。その為「Good Team」をご利用いただく企業様の業績向上に繋がるよう、次の7つが企業組織内に構築されるサービスを設計しています。

 

 1つ目は、組織のビジョン共有力。2つ目は、中間管理職の「自己の変革力」「組織マネジメント力」「職種力」の育成。3つ目は、中間管理職の組織マネジメント環境の改善。4つ目は、組織のタテヨコナナメ連携。5つ目は、自律型組織の構築。6つ目は、経営が現場を正しく認識しリーダーシップを発揮。7つ目は、企業とHitoiroの間での心理的安全性の構築。です。

 これらを実現する為、「Good Team」のメンターとスタッフは、上場・有名企業で実績を残し上記7つを実体験した経験豊富なメンバーで構成されています。この経験豊富なプロフェッショナルなメンバーが、業績を意識し企業毎の課題に合わせた中間管理職の支援プログラムを設計し、メンターとしてコーチング、キャリアコンサルティング、ワークショップなどをご提供して参ります。


 そして、この度、組織の仕組み構築のプロである、坪谷氏が弊社アドバイザーとして就任してくださったことは、「Good Team」が中間管理職の組織マネジメントに必要な武器をソフトとハードの両面から構築するための強固なサービス提供体制の構築の実現に繋がりました。クライアントの皆様にも企業成長を見据えた上で、よりご安心頂きながら「Good Team」をご利用いただけると強く感じています。

 坪谷氏のアドバイスのもと、中間管理職の方々の組織マネジメント支援を通して、意志ある企業の想いを形にし持続的成長をサポートして参ります。これからの「Good Team」に、どうぞご期待ください。

 

  • Good Teamについて

「Good Team」は、中間管理職に経営・マネジメント経験豊富なメンターをつけ、組織マネジメントをサポートします。メンターと面談(コーチング、又は、キャリアコンサルティング)を行いながら、自身の思考と組織の状況の課題設定、アクションプラン構築など、組織マネジメントのPDCAサイクルを加速。『自己変革力』『マネジメント力』『職種力』の3つの力を高めながら、組織力向上が期待できます。
 また、メンターがヒアリングした現場の状況は、経営、又は人事にレポートとしてご提供し、経営戦略が推進されやすい人事制度・施策のご検討にご活用いただけます。(レポートは、中間管理職及び従業員の個人的情報がわからない状態でのご提供になります)

 

「Good Team」公式HP:
http://www.goodteam.jp

 

  • 企業情報

会社名:株式会社Hitoiro
所在地:東京都港区南青山2-2-15 ウィン青山942
設 立:2020年4月
代表者:代表取締役 山田 聖子
企業HP:http://www.hito-iro.co.jp
 

  • 本リリースに関するお問い合わせ

株式会社Hitoiro 広報担当/山田
info@hito-iro.co.jp 080-8081-9273

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社Hitoiro >
  3. 中間管理職のためのメンタープログラム「Good Team」を運営する株式会社Hitoiro 「図解 人材マネジメント入門」の著者 坪谷邦生氏がアドバイザー就任!