本体改造なしで後付けできるクローラーダンプ遠隔操作システムの実証に成功。

人手不足の解消と生産性アップに向けて、遠隔操作クローラーダンプの現場投入を予定。

建設現場のDX・自動化を目指す東京大学発スタートアップのARAV株式会社(東京都文京区)は、株式会社日建(山梨県南アルプス市)と平賀建設有限会社(山梨県韮崎市)と共同で、汎用性の高いクローラーダンプ用の遠隔操作システムの実証実験に成功、本システムの事業化を開始致しました。

世界の地雷被害国で活躍する特殊な対人地雷除去機をはじめ、独自の建機製造技術を持つ日建と、i-Constructionを活用した生産性向上の実績豊富な平賀建設、それぞれの蓄積されたノウハウを用いて共同実証を行い、様々な現場に投入できるクローラーダンプ遠隔システムの販売と実践投入を開始します。

【紹介動画】
以下の動画から、キャリアダンプの遠隔操作の動作をご覧頂けます。

 

【本システムの特長】
建設機械の遠隔操作を実現する手法を大別すると、油圧系統の制御用の電磁弁を追加し機械内部から操作する方法と、キャビン内の操作レバーを電動アクチュエータで操作する方法があります。本製品は後者を採用しており、時間とコストの嵩む大がかりな油圧系統の改造なしで、取り付け、取り外し、必要ならば簡単に載せ替えもできる汎用性の高いユーザーフレンドリーな製品です。インターネット回線使って、ほぼ遅延のないスムーズな操作感を実現するとともに、インターネット接続が可能な環境であれば、どこからでも操作が可能です。

【本システムの展望】
人手不足がますます深刻化する中、リモート建機の活用によって、どのように課題が解決され生産性が上がるのか、今後、発表してゆく予定です。遠隔操作システムの導入メリットのうち最も重要なことは、生産性と安全性の向上です。例えばベテラン作業員が離れた現場への指導とアドバイスを遠隔で実施できるということは、現場にいなくても知識や技術をリアルタイムに伝えられるということになります。また土砂を指定の場所から場所へ移動する等の難易度が低い繰り返し作業を遠隔操作で行うと、作業員一人で積込と運搬の二役をこなすことも可能となります。

【日建コメント】
日建は、平賀建設、ARAVと共同で、遠隔操作システムを搭載したクローラーダンプを今春から様々な現場へ実践投入、データを蓄積しながら改良し、より効果的に現場の課題を解決するためのツールへと成熟させ、最後は「自動運転」へと繋げてゆくことを目標として活動します。首都圏に近いこの山梨県から、汎用性の高い建機遠隔・自動化システムを販売してゆきます。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. ARAV株式会社 >
  3. 本体改造なしで後付けできるクローラーダンプ遠隔操作システムの実証に成功。